スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ネバーランド
2006-12-01 Fri 03:11
ネバーランド ネバーランド
ジョニー・デップ (2006/06/23)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る




脚本:デイヴィット・マギー
監督:マーク・フォースター

キャスト
ジェームス・バリ:ジョニーデップ
ピーター:フレディ・ハイモア
ジョージ:ニック・ラウド
ジャック:ジョー・プロスペロ
マイケル:ルーク・スピル
シルヴィア:ケイト・ウィンスレット


友人の大絶賛をうけ、借りてみた映画です。
正直言って、ピーターパンをちゃんと見たことがなかったような・・
と思っていた私でしたが、
この後ピーターパン、借りました(笑)。
でも、ディズニーの映画のピーターパンより
このネバーランドの劇中劇のほうがずっと面白かったですね。

ジョニーデップ演じるバリの純粋さ、想像力の豊かさが
素晴らしいです。
信じる力と想像力。
どちらも私には、(というか大人になると?)足りないなーと感じました。

子供に夢を与えると言葉にするのは簡単だけれど
バリは、子供たちの視線そのものを持っていたんだなと思いました。

印象的だったのは、
マイケルが凧をあげることが出来たとき。
ピーターが大人なんて嘘ばっかりと舞台を壊すとき。
ピーターパン初演の夜、孤児院の子供達が目を輝かせて
舞台を見つめ、一緒にネバーランドへ行っている姿。
シルヴィアを約束通りネバーランドへ連れて行ってくれたこと。

この映画、この場面、どこまでが事実で
どこからがイメージか、と時々思ったりもしたけれど
それ自体が大人の考え方なのかもしれませんね。

心豊かな人になりたい、
自分の心に自由になりたい、と思った心温まる映画でした。


公式サイト:http://www.neverland-movie.jp/

ピーター・パン ピーター・パン
岩田光央、熊倉一雄 他 (2004/09/03)
ブエナビスタ・ホームエンターテイメント
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | filme | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<コンスタンティン | cena emocional | 象の涙に涙「星になった少年」>>
あ~あれか、マイケルジャクソンの作った自宅兼遊園地ね(≧Σ≦)

2006-12-02 Sat 14:41 | URL | 店主 #-[ 内容変更] | top↑
> 店主さん
そうそう~、あれよ~、よく分かったねぇ!
・・・って、おい!!
2006-12-02 Sat 23:29 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。