スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
象の涙に涙「星になった少年」
2006-12-01 Fri 01:40
星になった少年 スペシャル・エディション 星になった少年 スペシャル・エディション
柳楽優弥 (2006/01/27)
東宝
この商品の詳細を見る



2005年 東宝
原作:坂本小百合
脚本:大森寿美男
監督:河毛俊作
音楽:坂本龍一

キャスト
小川哲夢:柳楽優弥
小川佐緒里(哲夢の母):常盤貴子
小川耕介(哲夢の父):高橋克実
村上絵美(哲夢の恋人):蒼井優
藤沢朝子(哲夢の祖母):倍賞美津子

ストーリー
坂本哲夢は、動物プロを経営する両親の不和や
小学校でのいじめにあい、内にこもりがちな少年だった。
しかし、ある時ゾウと出会いその神秘的な力に触れ次第に心を開いてゆく。
環境と天賦の才から、ゾウの言葉を理解できるほどゾウを扱う資質に
めぐまれた哲夢は、日本人初の少年ゾウ使いをめざし
小学校を出てすぐタイのゾウ訓練センターへ留学する。
言葉もわからない異国の地で、彼は少年から青年へとたくましく成長していく。
帰国した彼は、「日本中のゾウを幸せにする」「ゾウたちの楽園を作る」と宣言し
日本人初のゾウ使いとして活躍し始めるのだが…



前から気になっていた映画。
実話でした。しかも最近のお話でした。

たーくさんの動物達が最初から出てきてかわいらしく
またユーモアたっぷりです。
ランディをはじめとする象たちの演技も本当に素晴らしいです。
柳楽くんは、本当にタイに行って修行したみたいですね。

印象的だったのは
哲夢くんがタイでの修行を終え、ファーという象と別れる場面と
哲夢くんのお葬式でランディが泣くところですね。
最後までお母さんとぎくしゃくしていたけれど、
本当はとても好きだったことが分かるラストシーンとか。
それと哲夢くんが絵美ちゃんに
「時々ランディのことが宇宙に見える。象と分かり合えると
ものすごく大きな力を感じる。その中で生きてるって感じがする」と
語った場面とか。

象って、人間みたいに涙を流すんですよねぇ。
それがとても切なかったです。

こんなにも象にまっすぐに誠実に生きた人がいたんだと思いました。
坂本さんの音楽もさすが、癒されました。


公式サイト:http://www.randy-movie.com/index.html

星になった少年~Shinning Boy&Little Randy~ 星になった少年~Shinning Boy&Little Randy~
坂本龍一 (2005/07/13)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る


ちび象ランディと星になった少年 ちび象ランディと星になった少年
坂本 小百合 (2004/02)
文春ネスコ
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | filme | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ネバーランド | cena emocional | パズルが出来ます>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。