スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
映画版『レ・ミゼラブル』
2006-11-15 Wed 01:47
レ・ミゼラブル レ・ミゼラブル
リーアム・ニーソン (1999/07/23)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


レミゼ2007の制作発表を受けて
前から気になっていた映画版のレミゼを借りてきて観てみました。

色んなところでみたレビューは殆どが高評価だったので
期待したのですが、正直つまらなかったです。
一度も泣きませんでした・・・(>_<)

理由としては・・
・単純に時間が短くて物語が端折られている。
・上記理由から、エポニーヌとアンジョルラスが登場していない!
・ジャベールが単なる悪者になっている(気がする)
・反対にバルジャンだけが目立っている。
・コゼットとマリウスはエポニーヌがいないことで単なる恋愛になっている。

といったところでしょうか。
舞台では涙がずっと止まらなかったのですが
映画はミュージカルの匂いが一切しないので
それもなんだか物足りなかったです。

ただ、ミュージカルを観ていない方で、レミゼを知らない方が
観るには分かりやすくてよいと思いました。

私はジャベール独自の正義感に亀裂が入って葛藤する姿が好きでした。
それゆえに最後に選び取る自分の運命が切なかった。
でも映画では同じ選択をするにしても、バルジャンの前で、なんですもの。
一人、人知れずに・・・というのがジャベールぽかったのに。
しかも、それを見届けたバルジャンがラストでだんだんと
笑顔になっていくのは、なんか違うと思いました。
あれじゃ「ジャベールいなくなって良かった~」って感じ。

レ・ミゼラブルは、群像劇なので一人ひとりの人生に
スポットライトがあたるのが好きでした。
バルジャンもその一人としてとらえらていて。
でも映画では、バルジャン物語でした。
ちょっとがっかりです。

レミゼサイトで配信されている制作発表の動画
「The People's Song」の方が感動!!早速、涙でした。
スポンサーサイト
別窓 | filme | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『アトランティスのこころ』 | cena emocional | 『レ・ミゼラブル』制作発表>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。