スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ゲド戦記』観ました
2006-08-01 Tue 00:18
gedo01


ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそ
あるものなれ
飛翔せるタカの
虚空にこそ
輝ける如くに ―『エアの創造』―

原 作 : アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記」シリーズ
(清水真砂子訳・岩波書店刊)
脚 本 : 宮崎吾朗、丹羽圭子
監 督 : 宮崎吾朗
音 楽 : 寺嶋民哉
プロデューサー : 鈴木敏夫
     
制 作 : スタジオジブリ
製 作 : 「ゲド戦記」製作委員会
特別協賛 : アサヒ飲料
配 給 : 東 宝

キャスト
岡田准一(アレン)
手嶌葵(テルー)
田中裕子(クモ)
小林薫(国王)
夏川結衣(王妃)
香川照之(ウサギ)
倍賞美津子(物売り)
風吹ジュン(テナー)
菅原文太(ゲド)


夏が終わるまで見れないなと思っていましたが、
急に時間が出来たので行ってきました。

私は原作を読んでいないので何ともいえないところはありますが
なんと言うか、「ジブリ=感動!」を
期待しすぎてしまったところがあったなと思いました。
私の中でジブリはこうあるべき、というのが、
ゲド戦記という作品との相乗効果で固まりすぎていたのかもしれません。

何か、今の自分にとって必要なもの、
それはメッセージなのか、生き方なのか、あるセリフなのか
テーマソングなのか、キャラクターなのかは分からないけれど、
それを受け取ろう、受け取りたいと思った自分がいたのですが、
ジブリというブランドゆえにそのハードルを高く設定してたんだなと思いました。



でも、いい作品でした。
音楽もよかったし、画も絵画風で落ち着いた感じでしたし。
原作では文字で書いてあることを画にする力は大変なものでしょうし、
監督もスタッフも熟考して、抽出して創った作品だと思います。
きっと駿監督の跡に続くプレッシャーもあったでしょうし、
そもそも駿監督と同じものを求めること自体が違うなと思いました。
吾朗監督はきっと相当な想いを持って引き受けたことでしょう。
それは私には計り知ることが出来ません。


gedo02


キーワードは沢山あって、
光と闇、世界の均衡、自分と影、永遠の生命、
目に見えるモノが大事 見えないものは不要、
真の名前、限りあるいのちだからこそ、等々。

アレンの成長、ゲドの見守り、テルーの真の姿、
クモの執着、テナーの優しさ、ウサギの癒着・・・。


その中で一番メインで表したかったことは何だったのかなと思います。
アレンの自己との葛藤~受容なのか、
ゲドの先行く賢人としての姿なのか、
世界の均衡が崩れていくことなのか、
クモの執着が間違っているということなのか、
テルーの真の名が持つ力のことなのか、
アレンとテルーの恋なのか、
それが分からなかったですね。


『ゲド戦記』なので、個人的にはゲドの話だと思ってました。
『アレン物語』でもよかったような気もします。


あと、竜の存在もいまひとつ不明瞭でした。
なぜ竜が出てくるのか、竜と人間との関係も分からないので
竜が出てくることがいいことなのか災いなのかも分からず。
ラストシーンでは感動しましたが、
その意味が落ちきらなかったですねぇ。。。
ゲドが「まさか、な・・」と言ったこととつながっているのでしょうけど
どうつながっているのか・・・。
タカも沢山出てくるけど、どこまでがゲドで、どこまでがそうじゃないのか・・・。


同様にテルーやゲドの語る一つひとつの深い言葉も、
その意味合いがうまく感じ取れなくて残念な気持ちでした。
何ていうんでしょうか、
そのセリフをこの人が言うからこそ意味があるってありますよね。
ゲドだから言えること、アレンだから感じること・・・。
それはどの人物でもそうで、
なぜそういう人物なのかがあまり描かれていなかったからか、
なぜテルーがそういうことを言えるのか、なぜそこで涙を流すのか、
なぜクモがそこまで言うのか、
そういったことを、腑に落ちないままに聞いてしまったような。
あとは、なぜ真の名前を明かすことが大切なことなのか、
そうすることで何が出来るのか、どうなるのか・・。



私としては、アレンが影の追われて逃げようとするところや
クモが本当の姿になっても尚、生に執着する姿の方が
共感して感動しました。
人間らしいというか、なんというか。


欲を言えば、クモも癒されてほしかったですねぇ。
アレンに諭されてもやっぱり嫌だと思う気持ち、分かりますもん。
もっと違う形で浄化されてほしかったな・・・。

余談ですがクモは男性なんですね、きっと。
プログラムに「ハブナーのクモ」と呼ばれたその男、とありました。
※原作読んだら、やっぱり男でした。
女性のように見せたのは、永遠の生命への執着の象徴だったのでしょうか・・・。


取り留めなくて申し訳ありませんが、
やっぱり手放しで感動!!とは言い切れませんでしたです、ハイ。

原作を買って読むことを決めました(笑)。
あと劇中歌というのもよかったです。


ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック
寺嶋民哉 (2006/07/12)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
この商品の詳細を見る


ゲド戦記 全6冊セット ゲド戦記 全6冊セット
アーシュラ・K・ル=グウィン (2006/05/11)
岩波書店
この商品の詳細を見る


テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌) テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)
手嶌葵 (2006/06/07)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
この商品の詳細を見る


スタジオジブリ・プロデュース 「ゲド戦記歌集」 スタジオジブリ・プロデュース 「ゲド戦記歌集」
手嶌葵 (2006/07/12)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | filme | コメント:13 | トラックバック:11 | top↑
<<青茶茶房 | cena emocional | 川崎宗則さんのコトバ>>
TB&コメントありがとうございました~
わ~~☆かわいいテンプレートですね。蛍が・・・思わず感動しちゃいました~

ずっと悩んでいた?(笑)クモの性別が判明して納得しました(*'▽'*)/
原作もパンフも買わなかったので、いまいち解らななすぎな事が多くて、冒頭の2匹の龍の戦っていた理由も理解でしませんしたし・・・

でも、画像は絵画のようでさすがジブリっと感じでしたし、テーマの選曲も良いとおもいました☆
2006-08-01 Tue 09:46 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
こんにちは
TBとコメントありがとうございました。
背景がとても美しい映画でした。

でも、何を一番言いたかったのか、わからなかったです。
宣伝も派手にやっているけど、どれだけの人が満足しているのかな・・・
2006-08-01 Tue 18:55 | URL | km_achin #-[ 内容変更] | top↑
> rikocchinさん
こちらこそ、いらしてくださりありがとうございます。

テンプレートは、私も気に入っていて、いつもこんなの創れる人はすごいなあと思っています。

クモは、時々セリフでも「俺」って言ってたので・・・。
でも本当は男性だとしたら、なぜあの風貌なのかしら?とも思いますね(笑)。
きっと意味があるのでしょうね。
原作の第一巻を読んだらまた記事を書こうと思っています。
2006-08-02 Wed 00:41 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
> km_achinさん
いらしてくださりありがとうございます。

ジブリの作品はいつもテーマが深いなと思っていますが、
きっとゲド戦記自体がテーマが深いのかもしれませんね。


私も原作を読んで、また考えてみたいなと思っています。
2006-08-02 Wed 01:02 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
はじめまして
TBありがとうございました(^^)
原作が深いテーマなので、とても難しかったと思います。
少年の葛藤、世界情勢など、現代の抱えている闇を背景とすること、その辺の時代を捉えたテーマ選びは上手だなと思います。
だからこそ、もっと説明があって分かりやすく作られていたら、更に良い作品になっていたと残念に思う点も多々あります。

きっとジブリだから、皆厳しい評価をするのでしょうね。
これが他のアニメ映画だったら、こうはならないでしょう。
それだけ皆ジブリに期待をしているということだし、今回は第1回監督作品。
これをバネにして、更に良い作品作りをしていってほしいです。
2006-08-02 Wed 09:35 | URL | まみぃ #zDoF78J6[ 内容変更] | top↑
> まみぃさん
こんばんは。こちらこそTB、コメントありがとうございます。

今、原作の2巻を読み終えたところです。
第1巻の影との戦いはよかった。読んでから映画観たかったですね。
というか、ゲドの影との戦い、テナーが自由に向かって一歩を踏み出す、そのどちらかだけであっても映画として成り立ったように感じました。

きっとこの先の物語が、吾朗監督には響くものがあったんだろうと思います。
その箇所を選んだ理由が少しでも感じられるようになれたらと思っています。
2006-08-06 Sun 02:22 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
ameixaたち
ameixaたちが、徳間ジャパンコミュニケーションズこなどを沈黙したかったの♪
2006-08-08 Tue 11:21 | URL | BlogPetのceu #-[ 内容変更] | top↑
お久しぶりです。
ゲド戦記 まだ観てないのに,ありゃりゃりゃりゃ~

でも凄い! 専門家のようですね。
そんなこと気にせず、いつも見ちゃってます(笑)

よ~し! ゲドはそこをポイントに観てみますね♪
2006-08-09 Wed 16:51 | URL | カミュー #-[ 内容変更] | top↑
> カミューさん
こんばんは。コメントありがとうございました。

ゲド戦記、原作1~3巻を読みましたが、
続きを読みたい!と思う内容です。
人間の内側の光と闇(希望と影)が描かれてます。

映画の方が、映像として見れる分広がりがありますよ。
私がウンチクを書くのは、少しでも何かを感じられるようになりたいと思っているからで(笑)、
専門家の人はきっともっと簡素な言葉で分かりやすく表現できるのだろうなと思ったりします。
2006-08-15 Tue 00:30 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
はじめまして
ゲド戦記       サイコーーーーー
2006-08-27 Sun 13:10 | URL | guestさん #-[ 内容変更] | top↑
ameixaたち
ameixaたちが、楽で人物などしてたんだな
原作をセットアーシュラしなかったの?
2006-08-29 Tue 13:16 | URL | BlogPetのceu #-[ 内容変更] | top↑
明日で八月も終わってしまうが、忙しそうねお姉さん。

体調管理に気をつけて頑張ってね。
2006-08-30 Wed 20:34 | URL | 店主 #-[ 内容変更] | top↑
> 店主さん
どうもどうも~~(^^ゞ
お気遣いありがとう。戻ってまいりました。
さすがにこの年になると、目の下のクマも取れるのが遅いね(苦笑)。

チャレンジしたつもりだったけれど、
やっぱり出来てなかったみたい・・・。
今年の夏の思い出は苦いなぁ(>_<)
2006-09-07 Thu 23:00 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
『ゲド戦記』試写。ジブリ作品の『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』は好きですが、それ以降の作品からはあまり期待しないように。でも、どんなストーリーでも楽しめるシーンが必ずあるので、その期待値は毎回高くなる一方でもあります。 今回の『 …
2006-08-01 Tue 01:37 試写会帰りに
きたよきたよジブリ! 駿の息子・宮崎吾朗が監督でナニかと超話題。周りの映画ライターは低評価出してたけど、どうなの『ゲド戦記』? 7月29日公開。ゲド戦記かつては同じ世界にいたヒトと竜。自由を求めた竜と、モノを求めた人間は袂を分かつ。時は流れ現代。人間界に突 …
2006-08-01 Tue 01:45 APRIL FOOLS
試写会で観てきました。スゴイ人出でした。<日比谷公会堂>原作:アーシュラ・K・ル=グウィン 『ゲド戦記』シリーズ脚本:宮崎吾朗 丹羽圭子音楽:寺嶋民哉プロデューサー:鈴木敏夫監督:宮崎吾朗作画演出:山下明彦 作画監督:稲村武志美術監督:武重洋二 デジタル …
スタジオジブリファンの人は安心して良いでしょう。立派な後継者の誕生です。例えて言えば、山田康雄亡き後、栗田貫一が『ルパン三世』を引き継いでいるようなものです。ついでに原作が、『指輪物語』や『ナルニア国ものがたり』と並んで<世界三大ファンタジー>と称されて …
監督 : 宮崎吾朗 出演 : 岡田准一 / 手嶌葵 / 菅原文太      公式HP:http://www.ghibli.jp/ 原作は、ル=グウィン箸 「ゲド戦記」 清水真砂子翻訳 「指輪物語」や「ナルニア国物語」と並び称されるファンタジー文学の傑作とのこと。 何度となくジブ.. …
2006-08-01 Tue 09:41 MoonDreamWorks
アサヒ飲料で「ゲド戦記」の試写会が当たったので、9歳の長男と行って来ました。画像がとても美しいので、絵画を習っている長男や、油絵を習い始めた私にも勉強になるのではないかな、と思ったからです。実は、宮崎アニメはかなり苦手。でも、宮崎吾郎監督の第一回監督作品 …
家族連れで見に来ることが予想される作品で、父殺しの逸話をいれたことは勇気ある決断だったと思う(ただし、この逸話を宮崎父子の対立といったワイドショー的なネタとからめてプロデューサーが話題にするのはどうかと思うが …
2006-08-02 Wed 00:11 Kinetic Vision
「ゲド戦記」は宮崎駿監督の息子である宮崎悟朗監督に初監督作品として注目され、スタジオジブリが今年最大の話題作として送った作品である。物語は一見奥深そうだが人の心を上手く描いた作品として興味深い作品でもある。 …
ゲド戦記の試写会に行って来たよーっ!ネタバレは反転式なので安心して見てね&#9825; …
夏川結衣さんが大人気らしい。フジテレビのドラマ「結婚できない男」(火曜午後10:00??)で女医役をしているコメディータッチの大人のラブストーリーで、主役の阿部は有能な建築家ながら偏屈な性格から40歳独身という設定。夏川結衣は私生活でも独身。製作発表の記者 …
夏川結衣夏川 結衣(なつかわ ゆい、1968年6月1日 - )は日本の女優。熊本県八代郡坂本村出身。1991年のユニチカ水着キャンペーンガール|水着キャンペーンモデル。出演作品 映画 * 蔵(1995年)* 座頭市(2003年)* 壬生義士伝(2003年) TVドラマ * 愛と …
2007-03-02 Fri 05:13 rinkaのblog
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。