スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『橋をかける』―美智子様
2006-07-14 Fri 01:04

「生まれて以来、人は、自分と周囲の間に橋をかけ、人とも物ともつながりを深め、
それを自分の世界として生きています。
この橋は、外に向かうだけでなく、内にも向かい、
自分と自分自身との間にも絶えずかけられ続け、
本当の自分を発見し、自己の確立をうながしていくように思います。」


「本というものは、時に子供に安定の根を与え、
時にどこにでも飛んでいける翼を与えてくれるもののようです。」


「今、振り返って、私にとり、子供時代の読書とは何だったのでしょう。
何よりも、それは私に楽しみを与えてくれました。
そして、その後に来る、青年期の読書のための基礎を作ってくれました。
それはある時には私に根っこを与え、ある時には翼をくれました。
この根っこと翼は、私が外に、内に、橋をかけ、
自分の世界を少しずつ広げて育って行くときに、
大きな助けとなってくれました。」


「そして最後にもう一つ、本への感謝をこめて付け加えます。
読書は、人生の全てが、決して単純ではないことを教えてくれました。
私たちは、複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。
人と人との関係においても。国と国との関係においても。」


「子供達が、自分の中に、しっかりとした根を持つために
子供達が、喜びと想像の強い翼を持つために
子供達が、痛みを伴う愛を知るために
そして、子供達が人生の複雑さに耐え、
それぞれに与えられた人生を受け入れて生き、
やがて一人ひとり、私共全てのふるさとであるこの地球で
平和の道具となっていくために。」



『橋をかける』というタイトルに
とっても惹かれて取り寄せた、皇后美智子様の御本です。

1998年にニューデリーで開催された国際児童図書評議会にて
ビデオテープで上映された皇后様の基調講演を収録したものです。



自分の外にも内にも橋をかける、という表現をされているのが
とても心に残ったのを覚えています。
昨日に続き、ちょっとひっぱりだしてみました。


橋をかける―子供時代の読書の思い出 橋をかける―子供時代の読書の思い出
美智子 (1998/11)
すえもりブックス
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | livro | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『覚悟』~中田英寿引退特別番組~ | cena emocional | 『拝啓 陶芸家様』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。