スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
七夕
2006-07-08 Sat 03:41
今日は世に言う「七夕」でございました。
あ、もう昨日ですね。

天の川は、残念ながら関東生まれ関東育ちの私、
遭遇したことがありません。
七夕のお話も、織姫と彦星という名前しか
今や記憶にないような状態だったりしますが(苦笑)・・・。

一年に一度しか逢えないというのは
どんな心持ちになるだろうとふと思いました。


でも、一年に一度必ず逢えると約束されているのは
幸せなことなんじゃないかなとも思いました。


だって、私たちは明日のことすら約束できないですものね。
何が起こるか分からないから。


私は、普段は全然そういう意識を持つことが出来ていないけれど、
ある時「もう一度出逢えるということは本来有り得ないことなんだ!」
と実感したことがあります。
今こうして出会っている人たちと、もう一度また出会って
今こうしているように、また時間を過ごせることは
かけがえのないことなんだと
頭でなく、心が感じることが出来た時、
感動と感謝で心が一杯になりました。

いつもは、頻繁に会えているからそんな風には思えないけれど
本当は、一回一回が、たった一回しかない出会いなんですね。

でも、逢えなくならないと本当には感じることができない
人間の弱さがあると思います。
私もいつもは当たり前と思っている節が多々。


だからこそ、ほんの一瞬でも感じられた時には
あんなに感動するんだなぁと
そんなことをふと思い出した七夕の夜でした。
スポンサーサイト
別窓 | meu | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<『拝啓 陶芸家様』 | cena emocional | 『Flying』>>
例えば、毎年同じ小説を読み返して、その年その年で、そして読む時期や読む時の心の状況で、また感じる事が違うのと似ているなって思いました。
なんか話が微妙にズレてしまったかしら?・・・。

その時、その一瞬一瞬が人生の中では一度きりなんですよね。もっといろんな物をみて感じとりたいなって思いますね。

そうだ、私、中学生の頃、夏に両親の田舎(福島県)に行った時に天の川を見ましたよ♪とっても綺麗で何も言えないのホントに。そして普通に夜空を眺めると流れ星が見えていた。今でも宝物の瞬間です。

2006-07-08 Sat 21:36 | URL | シンタグマ #vIXFS59k[ 内容変更] | top↑
> シンタグマさん
そうですね、私も本を読むときもそう感じることあります。
映画も同じ。

特に人との出会いは、これだけ沢山の人が世にいるのに、
今、出会えている奇跡というか。
出会う人とは、なんらかの約束や縁があって出会っているんだと思います。


天の川、いいですね~~。
遠く何百光年前の沢山の光が、今、ここに届いている。
その不思議さと壮大さを思うと、なんともいえませんね。
2006-07-09 Sun 22:13 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
きょうは関東に名
きょうは関東に名前っぽい実感するはずだったの。
こうして関東まで彦星に感謝するつもりだった。
またameixaと意識したの?
こうしてceuが関東に苦笑するつもりだった。
2006-07-11 Tue 11:15 | URL | BlogPetのceu #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。