スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新作能『紅天女』
2006-05-15 Mon 23:10



国立能楽堂委嘱作品 漫画「ガラスの仮面」より
新作能『紅天女』

監修:美内すずえ
脚本:植田紳爾
演出・能本補綴:梅若六郎
制作協力:中村暁

阿古夜・紅天女:梅若六郎
仏師・一真:福王和幸



ガラスの仮面は、文庫版が出てから読み始めた漫画ですが
非常に面白くて、何度も読み返しました。
演技以外に何もとりえのないマヤと
すべてを与えられているかのような亜弓の対照的な存在が
紅天女に向かって進んでいく。
その紅天女が能として上演されると聞いて、
観に行ってきました。
能は、初でした。
しかし・・・・。仕事が延びて1時間の遅刻・・・(T-T)
着いたと思ったら30分で終わってしまって。自業自得です。

本作での紅天女はまだなのに、
こんな風に現実化するなんて面白いなと思いました。
能自体初めてで、遅れて行ったこともあり
ストーリーは漫画で読んでいたし、
台詞も現代風になっていたから分かったものの、
能という伝統芸能の素晴らしさを知るには
もっと足を運ぶべきだなと思いました。

でも、梅若さんの声はとても響きました。
席が後ろの方だったので、地謡と重なると
さすがに聞き取りにくくなりましたが
千年の梅の木の中にいるときは、
声だけが聞こえるのに存在感がありました。

一真が、紅天女(梅の木)に斧を振り降ろす場面は
上から梅の花びらが舞い降りてきて、切なさに感動しました。

舞台の上には、梅の木だけという簡素さと
動き自体が生み出す厳かさ。
無駄な動作がない分、漂う雰囲気があります。
天女という存在を現すには合ってるのかもしれないと思いました。

個人的には、東の者と西の者の掛け合いが印象的でした。
今回は地球環境や自然破壊についてのテーマが表れているので
二人が話していることは、そのまま今の世界の国々のことでした。

それにしても、こんなに短時間(1.5時間)で終わってしまうなんて。
残念だったなぁ・・・

***************

東の者『なれどそなたの申すとおり、この世は我々だけのものではなく生命あるすべてのもの』
西の者『この天変地異は我々が、天地を愚かにし、神を逆らう所業の輪廻』
東の者『そのことを心に刻み、互いに手を携えて』
西の者『天地に素直に、なると致そう』

***************


太古人はみな神であった、空も風もすべてひとつであった、
風に神宿り、火に神宿り、
水に神宿り、土に神宿る、
そしてこの梅の木に宿りし阿古夜の命、
天下平安、衆生救済
(斧の音)
我一真の心に触れ、人の苦しみ受けしうえは、
紅の天女となりて、世の行く末眺めつづけん、

まこと紅千年のいのちの花ぞ世を照らさん

***************

目覚めよ目覚めよ、おのが真の姿を知れ、
悟れよ悟れよ、生かされしことを、
この世は生命あるものすべてのもの、
天地の恵みを授けつつ、平安なれやと言い置きて、
天女はあがらせ給いけり




rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
スポンサーサイト
別窓 | teatral | コメント:3 | トラックバック:1 | top↑
<<山崎美緒さん | cena emocional | 『明日の記憶』>>
こんにちは。拙ブログへのご来訪ありがとうございました。
30分しか観られなかったのはザンネンでしたね…
幕開けの月影先生をご覧いただきたかったです~

時間は、ホントにあっというまに過ぎてしまった感がありました。
演出に手を加えて再々演するならば、もう少し上演時間を
長くしてもいいかも…とも思います。
再々演を期待したいです!
2006-05-16 Tue 21:19 | URL | ツチ子大夫 #-[ 内容変更] | top↑
TBありがとうございました。
紅天女上演の試み、とてもよかったですよね。

早くマンガの続きも読みたい!
2006-05-18 Thu 01:33 | URL | J #-[ 内容変更] | top↑
> ツチ子太夫さん

お越しくださり、ありがとうございます。
1回の公演が東京で2日間とは寂しいですね。
あまり大きなハコでは観れないので、
その分回数が増えるといいのにと思いました。
再々演、期待したいですね!

> Jさん
コメント、TBありがとうございます。
こてこての伝統芸能でありながら、こういった形で
新たな挑戦をされている姿勢はステキだなと思いました。
マンガ・・・今どこまで進んでいるんでしょう(笑)。
私は文庫版を買っているので、当分先になりそうです。
2006-05-19 Fri 03:28 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
土曜日に、千駄ヶ谷の国立能楽堂で。 マンガの中で描かれる幻の作品が 現実の世界に、それも日本の伝統芸能で登場するなんて、 まったく想像していなかったことだったので、 貴重なチケットを手に入れ、見ることができてほんとに良かったです。 能を見るのはこれが初め …
2006-05-18 Thu 01:27 そんな毎日。
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。