スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
死にカタログ
2006-04-23 Sun 02:36
死にカタログ
死にカタログ
寄藤 文平 (2005/12/15)
大和書房

この商品の詳細を見る

あるとき『情熱大陸』で寄藤さんが取り上げられていて
この本の紹介をしていたのが、気になっていて買いました。

イラストレーターさんなので、たっくさんのイラストで描かれています。
世界にはいろんな死のカタチがあることが沢山に載っていて面白かったです。
死んだら「近所の島に行く」と考えている民族があるとか。

各国や各宗教の「死」のイメージを集めて、こんな感じ?
と絵に表しているのですが、
こんな風に伝えられるんだって思いました。

彼がその前に出した本は「うんこ」の本だったそうなんですが(笑)、
なんでそういうものを取り上げるかというと、
誰もが曖昧にしているものだから
イラストにすることでクリアにしたい、分かるようにしたいんですと。
「イラストレート」のもともとは「明るくする」という意味で、
クリアにするとか明確にするみたいな意味合いがある
と話していたんです。
その言葉がとっても印象的でした。

死って必ず誰にでも訪れるものなのに、
あんまりちゃんと考えたことがないなって思いました。
「普通の顔して読める『死の本』をつくりたい」というのが
吉藤さんの望みだったそうですが、
確かにあっさりと読めます(笑)。
でも、きっとこのカタチに落ち着くまでには
色々と迷ったりされたんじゃないだろうかって思いました。
「毎日、ちょっとずつ折りたたんでいく」のが吉藤さんが
今の自分に出来る死との向き合い方と書かれていました。

自分の中で「分かってる」って思ってることが、
実はよく分かってないことって多くあるなって
改めて思った本でした。

図書館などで借りて読んでみてください☆


吉藤文平さんHP:http://www.bunpei.com/
読売新聞「本よみうり堂」インタビュー記事:http://www.yomiuri.co.jp/book/author/20060117bk01.htm



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
スポンサーサイト
別窓 | livro | コメント:2 | トラックバック:3 | top↑
<<地球交響曲 DVD | cena emocional | レ・ミゼラブル観ました!!>>
コメントありがとうございます。
コメントありがとうございます。
寄藤さんのイラストってどこか抜けていてスキです。
タイトルに「ぎょぎょぎょ」としたのですが、
客観的に死を考えている、いい本だと思います。
TBいたします。
追伸。どうもうちのブログ、TB上手くいかないようなので。。。
2006-04-23 Sun 10:03 | URL | chihana #3hri4u1c[ 内容変更] | top↑
> chihanaさん
こんにちは、ご訪問ありがとうございました。
TB出来てなかったみたいで、ごめんなさい。
再チャレンジしたら出来ましたー☆よかった。

こういうテーマって暗黙の内に避けて通ってるのが今の時代なんだと思います。
イラストという表現方法によって叶った本だなーと思いました。
2006-04-23 Sun 17:36 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
タイトルを見ると「ぎょぎょ」といたしますが、内容はいたって前向きです。筆者は↓でご存知、ゆるゆる系のイラストレーター・寄藤文平。「死」についてここまでわかりやすく、言及した本はあっただろうか。確かに、「死を語る」とはなんか、暗~い雰囲気が.... …
『死にカタログ』(寄藤文平,大和書房) 先日、本屋で見かけて買った本。1時間くらいで一気に読んでしまった。 本屋で平積みされているのを見かけて、最初はてっきり『完全自殺マニュアル』のような本かと思ってしまった。「死にかた」「カタログ」なんてタイトルつ... …
2006-04-24 Mon 11:41 黄昏の屋上
最近気になった本。その名も死にカタログ人間、だれしも死亡率100%。そんな怖い、できれば見ないで済ませたい現象を独特のイラストでわかりやすく、時にユーモラスに「死」について解説されている。決して宗教っぽくない。むしろ宗教的なの視点と科学的な視点とを同じ土俵 …
2006-04-29 Sat 23:17 日々の書付
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。