スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
生まれ来る子供たちのために
2006-04-08 Sat 01:55


このところ生まれ来る子供たちのためにの歌詞を検索されていらしてくださる方が
いらっしゃるようなので歌詞を書き足しました~(^-^)
この頃の歌は比較的短いものが多いので私でもだいたい覚えられます☆

*************
あるときTV番組の「風のように歌が流れていた」の中で小田さんが言っていました。
「大ヒットした『さよなら』の次に出したのがこの曲なんだけど、
レコード会社は『さよなら』みたいな曲を期待してたからこんな暗い歌
って言われたけど、僕の中ではこれだった」というようなことを。

今や色んな人がカバーしてるようですね。
私も最初のころは子供だったので、あまり響かなかったのですが
ある時ものすごくいい歌詞であると気づき、
そんな言葉をずっと以前に歌っていた小田さんは
その時、いったい何をみつめていたんだろうと思いました。

歌詞は

多くの過ちを僕もしたように
愛するこの国も戻れない もう戻れない
あの人がそのたびに許してきたように
僕はこの国の明日をまた思う

ひろい空よ僕らは今どこにいる
頼るもの何もない あの頃に帰りたい

(セリフ)ひろい空よ僕らは今どこにいる

何を語ろう

君よ愛する人を守り給え
大きく手を広げてこどもたちを抱き給え
ひとりまたひとり 友は集まるだろう
ひとりまたひとり ひとりまたひとり

真白な帆を上げて旅立つ船に乗り
力の続く限り ふたりでも漕いでゆく
その力を与え給え 勇気を与え給え

というものなのですが、
本当に今の時代をすでに予見してたのかなと思いながらも
でもすごく普遍的な希望も感じる歌詞です。

ぜひ聴いてみてください☆
小田さんのシングル「たしかなこと」のカップリングで収録されています。
『たしかなこと』もとてもいい歌です。


オフコースHP:http://www.toshiba-emi.co.jp/offcourse/
小田和正HP:http://www.fareastcafe.co.jp/




rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
スポンサーサイト
別窓 | musica | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
<<レ・ミゼラブル! | cena emocional | ライフ・イン・ザ・シアター!!>>
オフコース。中高生時代によく聴きました。この曲は、ガキのくせに何か気に入ってよく聴いていました。いい歌です。
2006-04-24 Mon 08:37 | URL | Jun@Silver Wings #-[ 内容変更] | top↑
> Jun@silverwing さん

こんばんは、コメントどうもありがとうございます。
Junさんも音楽をやってらっしゃるんですねー!
表現したいことがあるというのはステキだなと思います。

小田さんの歌詞は、メッセージ性が高く、
伝えるために歌っているのが分かるので私はとても好きです。
個人主義以降の小田さんは特に。

よろしければまたいらしてくださいね。
2006-04-25 Tue 01:18 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
情報ソース:ap bank サイトより11/1(火)21:00~日本テレビ「終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓-ほたるのはか-」のエンディングテーマに、Mr.Childrenの櫻井さん、プロデューサーの小林武史さんらが参加するユニット、Bank Bandの「生まれ来る子供たちのために」... …
2006-04-08 Sat 21:39 GREEN DAYS ~緑の日々~
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。