スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ANGEL OF THE LIGHT』山下達郎さん
2009-01-11 Sun 02:23
ずっと一緒さずっと一緒さ
(2008/03/12)
山下達郎

商品詳細を見る



『ANGEL OF THE LIGHT』は、山下達郎さんの曲でニコンのCM曲です。
ニコンのHPで、CMが見れます。→ http://feature-nikon.jp/
(CMギャラリーから、光の世界編で見ることができます)

この曲は「ずっと一緒さ」のカップリングとして入っています。
CMはもっとゆったりとしたアコースティックな感じなのですが
CDでは普通に歌ってて、ちょっと残念。

でも、FMでかかるたびに、いつか手にしたいと思っていたので
去年買ったときには、ずっとリピートして聴いていました。
対訳歌詞がついているのですが、
歌詞の内容がステキなのと、やっぱりあの歌声とメロディ。

ニコンのCMとして創ったのでしょうけれど、
普遍的なものを感じるのはなぜでしょう。

「道に迷い 独りぼっちの時には星が家まで連れ戻してくれる
天使が降りてきて ぼくを光で照らし そしてこう言うんだ
ぼくが望むこと 見る夢ははたから見えるほどむちゃくちゃではない、と」
という歌詞が好きです。

気持ちが沈んだときに、ずっとリピートで聴く曲です。
英語が分からない私には、繰り返し聴いても邪魔にならないのです(笑)。




この歌を捧げよう
手で触れることのできないものの中にこそ
時に 真実があることを知っている すべての人たちに
ひとは目を閉じてこそ ようやく目覚められる
今ある以上に色鮮やかな世界を描くことができる

きみはぼくと似ているのかもしれない
雲の向こうにあるかもしれぬ虹や
大空を優雅に飛んでいく鳥達をみつけようとする
そこではすべての心が光に晒されている

美しさ ぼくはそれを美しさに変える
着想の源に救いを求め
創造の色彩を使って遊ぶ

眠れぬ夜を迎えるとき
ぼくは光の天使に呼びかける
やがて彼女の愛でぼくは満たされていく
朝の太陽に包まれるとき
目に映るすべてのひとに対して 優しい気持ちになれる
輝き出すぼくの宇宙
すべて彼女のおかげなんだ ぼくの光の天使



五月に咲いた花は やがて萎み
冬がもたらす白の世界も やがて消えてなくなるだろう
でもぼくには時を止めることができる 神様が生み出した造形を
このレンズの眼を通して 自分のものにしてみせよう

美しさ ぼくはそこから美しさを創る
ぼくを導く銀色の夢 そこから切り取った風景
そうなれるかもしれぬ未来の世界を映し出す写真たち

道に迷い 独りぼっちの時には
星が家まで連れ戻してくれる
天使が降りてきて ぼくを光で照らし
そしてこう言うんだ ぼくが望むこと 見る夢は
はたから見えるほどむちゃくちゃではない、と
今夜 ぼくはひざまずく
すべて彼女のおかげなんだ ぼくの光の天使



朝の太陽に包まれるとき
目に映るすべてのひとに対して 優しい気持ちになれる
輝き出すぼくの宇宙
それはすべて彼女のおかげなんだ ぼくの光の天使
彼女のおかげ ぼくの光の天使よ



スポンサーサイト
別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「ぐるりのこと。」DVD発売決定 | cena emocional | 「ぐるりのこと」の木村多江さん日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。