スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
エスカフローネ
2006-12-08 Fri 05:46
エスカフローネ エスカフローネ
矢立肇、 他 (2001/04/25)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る


2000年、日本=韓国=アメリカ合作
英語題『ESCAFLOWNE』
原作:矢立肇&河森正治
監督&脚本:赤根和樹
脚本:山口亮太
音楽:菅野よう子&溝口肇

東京に暮らす神崎ひとみはごく普通の高校生だったが、生きる意味を見失い
自分なんて消えてしまえば良いと思っていた。
そんな彼女の前に現れた謎の男が、どことも知れない異世界へひとみを跳ばしてしまう。
そこはガイア――ヒトと獣人が共存し、剣と魔法が支配する、血と暴力に彩られた神話的な世界。
巨大な鎧を巡る熾烈な闘いに巻き込まれ、自分の国を滅ぼされた若き王バァンとの
出会いが彼女の運命を大きく変えていく。
 古よりガイアに存在する、巨大な鎧――その名はエスカフローネ。
ひとみが現れるまでは石像となって眠りについていた。
その強力な力は古代ガイア界を滅ぼしたと言われるが、真の力はだれにも分かっていない。
竜族という数少ない種族の乗り手と、幻の月から来た翼の神の間に共鳴がなければ命が宿らないという。
それゆえ人々からは竜の鎧と呼ばれている。また、この世界に伝わる歌によると、
「翼の神は竜の鎧を蘇らし、ガイアを新たな世界へと導く・・・」とあるが、
その続きには、「竜の鎧は地上の全てを焼き払い、消し去る」ともあるという――。
 果たして、ガイアの命運は? ひとみとバァンの想いは、世界を救う事が出来るのか?



レンタル店で見かけて気になって借りてみました。
元々は、漫画でテレビで放映されていたみたいですね。

主人公のひとみが別の星に行き、エスカフローネと呼ばれる龍を呼び起こす新たな世界を生み出すような物語なのかなという印象で借りたのですが、いまひとつ全容が分かりませんでした。
元々の物語が長くてもっと深いものみたいですね。
それを劇場版にまとめたゆえの浅さがあったのかもしれません。

ひとみはなんで今の生活に虚しさを感じているのか、
なぜガイアは存在するのか、
なぜガイアの人たちは戦いあっているのか等々。
ひとみとヴァンの仲良くなりかたが急な印象もあるし、
結局ガイアは救われたのか、どうなったのか、
ひとみは地球に帰ってどうしたのか。
ヴァンとお兄さんの心は結ばれたのか。

ひとみもヴァンも一人の孤独を超えていく、
悲しみは消えるということを言いたかったのかなと思いますが
きっともっと色んなテーマが含まれているのでしょうね。
いまひとつ背景が分からないために、それが分かりませんでした。
ひとみは、虚しさ・孤独感ゆえに
ガイアと共鳴して呼ばれちゃったのかもしれないけど
行くべき理由があったんだろうけど・・・。

ヴァンとひとみが羽根を生やして飛ぶ姿はきれいでした。


天空のエスカフローネ Vision 1 天空のエスカフローネ Vision 1
矢立肇、 他 (2001/05/25)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | filme | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<ボビー・フィッシャーを探して | cena emocional | ミュージカル「RENT」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
天空のエスカフローネ『天空のエスカフローネ(The Vision of Escaflowne)』(てんくう-)は1996年4月2日から1996年9月24日までテレビ東京をキー局として全26話が放送されたテレビアニメ。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quo …
2007-02-09 Fri 02:28 ジャパニアニメ
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。