スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
中孝介さん『絆歌』など
2008-11-24 Mon 12:44
絆歌絆歌
(2008/10/01)
中孝介

商品詳細を見る


なつかしゃのシマなつかしゃのシマ
(2006/10/11)
中孝介韓雪

商品詳細を見る



「いつでも~こたえは~、ぼくらのすぐそばにぃ~♪」
と鼻歌で歌っていたら、
「ameixa、鼻歌歌って楽しそうね!」といわれました(^0^)


中さんの歌は、前はFMで聴こえてくるアーティストの一人だったけど
最近、アルバムを買ったのです。

昨年と今年、NHKで放送されていた「ジャッジ」というドラマで
『路の途中』という曲を聴いたのが、
そもそものきっかけだったかなと思います。
その時は、すごい好き!って感じじゃなかったのですが、
先日、音楽番組で『『花』を歌っているのを聴いて、歌詞が心に残り。

何枚かアルバムを買ってみて、
『路の途中』と『種をまく日々』という歌が、特に好きになりました。

♪まだ見ぬ明日を恐れるよりも 生き抜いた今日という日
そっと抱きしめよう

どこまでも遠く続く 路の途中 いつまでも貴方と微笑みを交わし
暗い道に迷うときは 肩寄せて 一緒に明かりを灯そう♪


♪種をまく日々があって 水をやる日々があって
いつか見えるんだ 僕らの未来が
立ち止まる日々があって 答え探す日があって
いつか笑うんだ 優しく笑うんだ
今はただ 目の前の道 ゆっくりと進んでいく♪

『路の途中』は、遠く長い道を一緒に歩んでいきたい人がいる、
『種をまく日々』は、夢に向かう道がいつか見えてくる、
と歌っていて、設定はちょっと違うかもしれませんが、
どちらも未来に向かって、願いに向かって歩んでいくという雰囲気があって
今の私にとって、励ましであり、そして私自身でもあり・・・。
と感ずる部分が強かったからです。



また、『絆』、『花』という歌もすばらしいと思いました。
何度聴いても、歌詞が響く。

♪いつでも答えは 僕らのすぐそばに
大切な絆を この手の中 繋いで

いつも目には見えない「絆」が僕を支えてくれる♪

♪花のように 花のように
ただそこに咲くだけで 美しくあれ
人はみな 人はみな
大地を強く踏みしめて それぞれの花 心に宿す♪

この2曲は、ほんとに普遍的なことをまっすぐ歌っているなーと思います。
今の時代ゆえに、よりこういう内容が心に響くのだろうなと思います。


誰の中にもある不安だったり、わからなかったり、見えなかったりする
意識していない、揺れる気持ちが
癒されたり、落ち着いたりするからなのでしょうか。

そういう意味で時折、こういった曲などの中に
言葉の力というものを感じます。


スポンサーサイト
別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
小田和正さん『今日もどこかで』
2008-11-09 Sun 22:35
今日も どこかで今日も どこかで
(2008/11/05)
小田和正

商品詳細を見る


小田和正さん公式サイト far east cafe: http://www.fareastcafe.co.jp/

久しぶりに、CDシングルなるものを買いました。
しかも発売日前日に。
これ、525円だったんですけど、今ってシングルこんなに安いの??と
レジで驚いてしまいました。

なんで、このCDを買ったかといいますと、
夏に行ったライブで心に残った曲のひとつだったからです。
あのとき、帰宅してから、あの歌もう一度聴きたいな~と思ったのですが、
まだ発売されていなくて、しかたなくツアー特設サイトのBGMを
何度も繰り返し聴いていたのでした(笑)。


「誰かが いつも 君を 見ている 今日も どこかで 君のこと 想ってる」
という歌詞があるのですが、
小田さんの曲には、“いつも誰かがあなたのことを見ているよ”という
意味合いのフレーズが結構多いように思っています。
私が、そういう言葉が好きなために、そう感じるのかもしれませんけれど(笑)。
それは時に親子だったり、恋人同士だったり、友人だったりするのですが
私は、そこにもっと大きなまなざしを感じるときがあるのです。

あと、この曲を聴いた人が
「巡り会って そして 愛し合って 許しあって 僕らは つながってゆくんだ」
という歌詞のところで
「巡りあってとか、愛し合ってはあっても、“許しあって”って
あんまりないよね。でも本当にそうだなって思って。ステキだね」
と言ったことがあって、それがとても心に残りました。

信じるとか、ゆるすとか、愛するとかって、
言葉では簡単に言えちゃうけど、実際にはムリーッ!(笑)。
だけど、ほんとはそう在れたらいいなって思う自分がいるから
感動するんだと思う。

ひとりじゃない。きっと、私も。
そう思いたくて、誰かに想われたいと願ったりするけれど、
本当は自分が誰かのことを想えるときこそが、
そのときなのかも・・・と思わせる、この人はそんな人だと思います。



別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。