スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
小田和正さんのクリスマスの約束2007
2007-12-29 Sat 03:08
今年も小田さんのクリスマスの約束の季節が来ました。

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/program/promise_20071225.html

今年はどんなプログラムになるのだろうと思っていたけど、
なんだかとっても感動しました!
もしかしたら、自分の人生に変化があったからなのかもしれないですけど・・・。

今回の番組のテーマとして、「縁、出会い」というのを挙げていたように思いますが、
確かにそういうことを大事にしているように感じました。
小田さんの曲も少なめだったし・・。

この番組の開始当初から一貫して後輩たちへの伝承ということを抱いているとは
思っていたけど、今回の番組を作っていく過程のメイキングを見て
それを更に感じました。
一年間かけて、一人ひとりに関わって、あの番組を創っているのがよく分かります。

一番感動したのは、さだまさしさんと作った「たとえば」と
早稲田グリークラブのために書き下ろした「この道を行く」です。
さださんと作った「たとえば」は、二人の人生の長さ、重さ、経験がとっても詰まった曲、
早稲田グリークラブに作った「この道を行く」は先輩から後輩への伝承とでもいうか
小田さんの「何で人生生きてきたか」が詰まった曲のように感じました。

ふと、そういえばいつから始まったのだろうと思って探してみたら、
2001年が最初の放送でした。
そう思うと、もう7回も続けていらっしゃるということ。
いくらゲストが出てくれているからとはいえ、7年も同じ番組が年末に続くのは
大きなことではないかと思います。
そう思うと一番はじめに、ゲストが誰もでないというのが今回のテーマ、
それを次回にどうつなげて行くのかと小田さんが言っていたことを
実行し続けているということなのかなとも思ったりしました。

「とにかくすっごく音楽が好きだった。こんなに好きなのか、って思う位」
とエンディングテロップ中に話していた小田さんの姿がありましたが、
その情熱と信念を貫く姿に、改めて感動しました。

そしてこの人の声には、いつでも癒され
そして言葉には、いつでも大切なものを思い出させてもらうのでした。



自己ベスト-2自己ベスト-2
(2007/11/28)
小田和正

商品詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
パセリ伝説 Memory5 発売
2007-12-20 Thu 02:02
倉橋燿子さん作『パセリ伝説 memory5』が
発売になりました!


講談社の青い鳥文庫から出版されているので、
大人の皆さんには、ちょっと手に取りにくいところに並んでいるかとは
思いますが、大人でも十分に楽しめる作品です。
というか、大人の方がハマルのではないか?と私の周りでは噂になっています。

年末年始、お時間があるときに、ぜひ手にとって見てください。
久織ちまきさんのイラストもとてもステキです。



パセリ伝説 水の国の少女 memory(5) (講談社青い鳥文庫 180-38)パセリ伝説 水の国の少女 memory(5) (講談社青い鳥文庫 180-38)
(2007/12/15)
倉橋 燿子

商品詳細を見る


paseribanner

別窓 | livro | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。