スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『天使がくれた時間』
2007-05-14 Mon 01:59


『天使がくれた時間』

2000年/アメリカ
監督: ブレット・ラトナー
出演: ニコラス・ケイジ, ティア・レオーニ, ドン・チードル, ジェレミー・ピヴェン

ストーリー:
「たとえ100年離れていても僕は変わらない」と恋人のケイトに誓い、ロンドンに旅立つジャック。
彼の描いた成功とは、ウォール街で成功を収めること。そのときがふたりの人生の分かれとなった。
その後、ウォール街で成功を収め、住まいは最高級マンション、車はフェラーリと優雅な独身生活に満足していた。
あるクリスマスイブのよる、黒人青年キャッシュと遭遇。そして彼とある取り引きが成立した。
その時彼は謎の言葉を残す。それは「これから起こることは、あんたが招いたことだ」と…。
その翌朝、彼を「パパ」と呼ぶ見知らぬ少女の喚声で目を覚ます。そして横にはなんと13年前に別れたはずのケイトが!!
“なぜ?”状況がわからず困惑するジャック。そこにフェラーリに乗ったキャッシュが現れる。
「自分で答えを出すんだ」彼はそう言い残し立ち去ってしまうのだった。
果たして何が現実なのか? そしてケイトと子供たちとの生活はいつまで続くのだろうか?
別の幸せを見出したジャックの前に、また再びキャッシュが現れる日が…。

監督はパブリック・エネミー、マライア・キャリー他、数々の有名アーティストのビデオを手掛け、
20代でハリウッド界入りを果たしたブレッド・ラトナー。
「ジャック・キャンベルを演じるために生まれてきたようなものだよ」と彼が絶賛するのは、
主演のニコラス・ケイジ。どんな現実離れしたシチュエーションでも自然に演じてしまう
彼の才能・存在感が伝わってくる。そしてその相手ケイト役には、『ディープ・インパクト』等で
注目を集めたティア・レオーニ。コメディと感動的な2つの側面を織り交ぜ、微妙なタイミングを
うまく計りながら、ジャックとケイトのふたりの微妙な関係をうまく演じている。
この映画では2つの全く異なる生き方を提案しながらも、どちらがより理想的な生き方なのか判断は下していない。
むしろそれぞれの生き方を掘り下げ、ちょっと思い切って別の道を選択することにより何もかもが
変わってしまう…。という双方の生き方を疑似体験してもらうことが狙いのようだ。


よい作品でした。
実は私はあまりニコラスケイジが好みではないのですが、とても好印象に映りました。

人生の選択は誰でもいつも迫られている、そして選択していると思いますが、
自分が望んでいる人生だと思っていた結末が
本当は別の形であったかもしれないという話です。

面白いのは、主人公のジャックはこれまで歩んできた人格のままで
別世界のもう一人の自分になるということ。
そして、その世界がずっと続くのではなく、元の世界に戻ること、
でも別世界の経験と感覚は携えているということだと思います。

自分が選ばなかった人生の経験をすることで、
元の世界に戻ってきたジャックの中で、大切なものがガラリと変わっているのが
よく分かります。
そんなことは本来はありえないのだけれど、でも自分にとって何が一番大切なのかを
考えるときをもらったように思います。
だからといって重たい雰囲気もなく。
天使のキャッシュが所謂天使らしくなくて面白いです。

スポンサーサイト
別窓 | filme | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シルク・ド・ソレイユ『ドラリオン』
2007-05-14 Mon 01:22



かなり前になってしまいましたが
4月11日に念願のシルク・ド・ソレイユを観て来ました!
『ドラリオン』です。
いい席を取っていただいたので、ほとんど正面でした。

思ったよりアジア系の出演者が多くて驚きました。
印象に残ったのは構成です。
言葉が殆どないため、合間合間に道化師3人組みが登場し
緩急を生むことにより、演技に集中できる仕組みになっていました。
また演技自体も、少人数と大人数とがほぼ交互に行なわれ、
見ている側を飽きさせない工夫がされていると思いました。


フットジャグリング



トランポリン


空中ブランコ


布を使ったエアリアル

ジャグリング、ライトに乗ってのバレエ、大勢での縄跳び、
獅子舞、輪潜り等々、空、火、土、水をモチーフにした演技がどれも
素晴らしかったです。

私が印象に残ったのは、どの演技でもだんだんとハードルが高くなって
いくのですが、大技に挑む前に、演技者がふーっと息を吐き
ぎゅっと集中して臨む姿です。
きれいな衣装をつけ、顔は常に笑顔なのですが、そうした一瞬の
緊張感、真剣さが人間であることを感じさせました。

また、音楽も生演奏で歌も演奏もよくて、全体に深みが増していたように感じました。

体が道具といえるサーカスでは、本当にごまかしが効かないことが
改めて感じ、日ごろの鍛錬のすごさを感じずにはおれませんでした。
サーカスなんて随分と昔に行った記憶しかありませんが
その時、自分が何に感動したのかすら忘れていました。

人間の持つ力のすごさを感じさせてもらいましたー。
オススメです。

別窓 | teatral | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。