スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ChieArt個展
2006-10-16 Mon 00:08



Chie Art展
2006年10月9日(月・祭)~14日(土)
AM 11:00~PM 6:00(最終日はAM 10:30~PM 4:00)
場所 ギャラリームサシ

初めてChieさんの個展に行ってきました。
しかも最終日にギリギリ。
ご本人も会場にいらして、ポストカードを購入したら
サインを入れてくださいました☆
ポストカードの作品は「光の行方」です。

初めて原画を拝見したのですが
私は「観音」という作品が一番惹かれました。
私が持っているリトグラフとは違うもので、非売品だったのですが
画の中心から光が届いてくるような感覚で
心が落ち着く作品でした。
「魂の啓示」という作品も惹かれました。
ヒーリングアートというのが分かります。

Chieさんも気さくに声をかけてくださり、
会場にも沢山の方がいらしてました。
また新宿の高島屋でアート展があるそうなので、
時間を見つけていきたいと思っています。


HPはこちら。作品も観ることができますよ。
ChieArt:http://www.chieart.com/

あなたがここにいる理由 あなたがここにいる理由
Chie (2004/07)
角川書店
この商品の詳細を見る



あなたに会えてよかった いつでもいっしょ あなたに会えてよかった いつでもいっしょ
Chie (2003/12/11)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | arte | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ロクシタン ヴァーベナ
2006-10-09 Mon 20:18


香水も色々買ったことがあります。
ブルガリやら、バーバリーやら、ケンゾーやら
結構ユニセックス系を。
エリザベスアーデンのグリーンティが長持ちした感じがしたのですが、
やっぱりずっとは使えませんでした。
どうしても自分の鼻が香りに負けてしまうのです。

そんな中、今気になっているのが、このロクシタンの
オードトワレ「ヴァーベナ」です。
ロクシタン自体あまり行かないけど、行ったときには
いつも試しで着けてくる香り。
しかし、サイズが100MLしかなくてミニサイズがないので
もしまた合わなかったらな・・と思って、
いつも買わず仕舞なのです。

それにさわやか柑橘マッシグラな香りだから、
秋冬にはちょっと合わないかもしれないですね。
またしばらくしても、気持ちが残っていたら
買ってみようかと思ってます。

別窓 | outros | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
無印のフレグランスキャンドル
2006-10-09 Mon 20:07
香水やアロマが気になる割に、
香りが強いものが苦手な私。

でも無印のフレグランスキャンドルの
オレンジ&シナモンの香りはとても好きです。

大きなサイズのものと、ミニがあって
ミニは12個入りで売ってます。
これを部屋で焚いておくと、帰宅してもほんのり
香りが残っていて癒されます。

色んな香りは買ってみたものの、結局私は柑橘系に
落ち着くみたい・・・、なんかお子様だな~~(>_<)
別窓 | outros | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
『西の魔女が死んだ』
2006-10-09 Mon 19:50


前から気になっていた『西の魔女が死んだ』という本を借りた。

とてもよい本だと思いました。
児童書なので1時間で読み終えることが出来たけど
前にも読んだことがあるかも・・というような懐かしい感じ。

魔女修行と題して、主人公は祖母から色んなことを
教わっていきます。
そんな環境、今ではありえないと思う人もいるかもしれないけれど
そこで主人公が何をしたかじゃなくて
何を教わったかということが大切な気がします。

魔女である祖母に、彼女は死んだらどうなってしまうのと尋ねます。
その答えとそのときに交わした約束が私はとても好きです。

図書館で検索してもいつも貸し出し中なのが分かります。
機会がありましたら、どうぞ。

西の魔女が死んだ 西の魔女が死んだ
梨木 香歩 (1996/03)
小学館
この商品の詳細を見る

西の魔女が死んだ 西の魔女が死んだ
梨木 香歩 (2001/07)
新潮社
この商品の詳細を見る
別窓 | livro | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
フラガール
2006-10-09 Mon 05:19



『フラガール』
人生には降りられない舞台がある・・・。
まちのため。家族のため、友のため、
そして自分の人生のために、
少女たちはフラダンスに挑む。

監督・脚本 李相日
キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、
山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、
岸部一徳、高橋克美

オフィシャルサイト『フラガール


先日超久々に、急に思い立ってフラガールをを見てきました。

とてもよかったです。
正直、フラダンスというものを馬鹿にしていたところが
私にはありました。
しかししかし、とても格好いいダンスです。
元々は神様に捧げる踊りというのを聞いたことがあったように
思いますが(踊りとはだいたいそういう起源かもしれません)
そういうことを思い出しました。

私は豊川さんが好きなので
それもあって見たのですけれど、
松雪さんと蒼井優ちゃんの踊りは圧巻です。
しずちゃんも、岸部さんも、富司さんも
皆さん、よい味を出していました。

まどか先生が、はじめは自分のことばっかり考えているのに
だんだんと生徒のことを想うことが強くなっていくところや
大反対していたお母さんが、
娘のダンスをみて、住民に呼びかけていく姿など
一生懸命な人、真剣な人は人を動かすことが描かれています。

昭和40年にこんな風に、時代に対抗して
新しい文化を生み出そうと、自分達の人生と地域を
変えようとしていた人たちがいたんだと感動しました。
背負っているものの大きさと真剣さが伝わります。
だからこそ、彼女達の踊りに感動するのだと思います。

その必死さに
自分の弱さを見せられました。

松雪さんをはじめ、蒼井優ちゃんもフラガールズも
相当練習したんでしょうね・・。
いくら演技の為とはいえ、あれだけ踊れるようになるなんて
本当に素晴らしいです。
ジェイクさんの音楽もステキです。
是非どうぞ。


フラガール フラガール
李 相日、羽原 大介 他 (2006/08)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


あなたもフラガール  DVDで学ぶはじめてのフラレッスン あなたもフラガール DVDで学ぶはじめてのフラレッスン
実業之日本社 (2006/09/14)
実業之日本社
この商品の詳細を見る
別窓 | filme | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
東京カテドラル
2006-10-06 Fri 00:29
今日、帰りの電車の中吊りで
「東京カテドラル」というのを発見した。

とっても印象的なキレイな写真だったので
思わず立ち止まって、その中吊りをじぃ~っと見てしまった。

結婚式で立ち会った以外で教会に行ったことはないけど、
ここは行ってみたくなりました。

私がじぃ~っと見たせいで、私が座ったあと、
近くに居たサラリーマン風のお兄さんが怪訝そうに
その中吊りを見てたっけ(笑)。

場所はちょっと離れてるけど、
時間を見つけて行ってみたいですね。

この建物は、真上から見ると
それ自体が十字架になっているんだそうです。


cathedral.jpg


cathedral2.jpg




東京カテドラルHP: http://www.tokyo.catholic.jp/top.htm
別窓 | outros | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。