スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ライフ・イン・ザ・シアター!
2006-03-30 Thu 23:39
life.jpg

来週、『ライフ・イン・ザ・シアター』行ってきます!

お二人の舞台は初めて観ます。
(もともと観劇あんまりしてなかったんですもの、当然です)
藤原竜也さんは『身毒丸』の時、すごい観たいなって思ったのを覚えてます。
今回は二人芝居で、且つ役者の設定の役なので
役者さんの表の顔だけじゃない部分も見れそうで
すっごく楽しみです。

一人の人の伝える力、
それが二人になった時にどう響きあうのか
すごいなー、なんか今からワクワクです。
私もそういうことに携わっていきたいなー!

オフィシャルブログ: http://blog.eplus.co.jp/litt/
市村正親さん:http://www.ichis.com/information/index.html
藤原竜也さん:http://www.horipro.co.jp/hm/fujiwara/



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
スポンサーサイト
別窓 | teatral | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
さくら
2006-03-30 Thu 21:11



通勤途中で一番我が家に近い桜です。

私の家の近くには全国的に有名な桜の名所がありますが
果たして観に行けるかなぁ。
お花見には行きたいのですが、あまり人が多いのは得意ではなくて。
行くならあまり本数が多くなくても、
木の下をゆっくり歩けるような、
木とそっと話が出来るような
緩やかな時間が流れているところがいいですねぇ(^0^)


rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | outros | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
音楽の遺伝子~槇原敬之さん~
2006-03-29 Wed 22:55
NHKの「音楽の遺伝子」という番組に
槇原敬之さんが出ていた。
見たのは途中からでしたが、そのまま最後まで見てしまいました。

その昔、学生だったこともあってよく聴いていましたが、
だんだんどの曲も似たように聴こえてきて、あんまり聴かなくなりました。

そのあとに事件が。
事件の後、また歌い始めた彼の歌をしばらくそのまま聴かずにいたんですが
あの「世界に一つだけの花」を聞いてビックリしたのでした。
書いたのがマッキーだと知って「すごい!!」と思って、
アルバムを2枚買いました。
HOME SWEET HOME」と「本日ハ晴天ナリ

前と全然歌の世界が変わってて、いったいこの人に何が起きたのかと思いました。
そのことがちょっと今日の「音楽の遺伝子」の中でも触れられていて
「ラブソングでも、愛の意味が前とは違ってもっと広いラブソング=ライフソング」
を歌っていきたいのだそうです。
そう思うきっかけになったのは美輪さんの本だったそうですが、
そんな風にはたらきかけてくれる人ってきっと誰の中にもいると思います。
自分が音楽にしてもらったように、今度は音楽を通して愛する側へって言ってました。

彼の人生が彼に教えてくれたものなんだろうなーと思ったのでした。
試練があったからこそ、彼は今の彼になったのではないかなって。
というか、今の彼になるために、あの出来事はあったのでは・・・。



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
谷川俊太郎さん
2006-03-29 Wed 19:31
クレーの絵本
クレーの絵本
パウル・クレー、谷川 俊太郎 他 (1995/10)
講談社

この商品の詳細を見る

以前、本屋で手にとって冒頭のこの詩を立ち読みしたら泣いてしまい、
そのまま購入に至った本です。
*************************************************

「愛」 谷川俊太郎

いつまでも
そんなにいつまでも
むすばれているのだどこまでも
そんなにどこまでもむすばれているのだ
弱いもののために
愛し合いながらもたちきられているもの
ひとりで生きているもののために
いつまでも
そんなにいつまでも終らない歌が要るのだ
天と地とをあらそわせぬために
たちきられたものをもとのつながりに戻すため
ひとりの心をひとびとの心に
塹壕を古い村々に
空を無知な鳥たちに
お伽話を小さな子らに
蜜を勤勉な蜂たちに
世界を名づけられるものにかえすため
どこまでも
そんなにどこまでもむすばれている
まるで自ら終ろうとしているように
まるで自ら全いものになろうとするように
神の設計図のようにどこまでも
そんなにいつまでも完成しようとしている
すべてをむすぶために
たちきられているものはひとつもないように
すべてがひとつの名のもとに生き続けられるように
樹がきこりと
少女が血と
窓が恋と
歌がもうひとつの歌と
あらそうことのないように
生きるのに不要なもののひとつもないように
そんなに豊かに
そんなにいつまでもひろがってゆくイマージュがある
世界に自らを真似させようと
やさしい目差でさし招くイマージュがある
*************************************************



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | pessoa | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
バオバブの木
2006-03-24 Fri 22:25
<a href=

Photo: Welcome to the Big Tree World (Photo by Shigeru Yoshida)

星の王子様に出てくる「バオバブの木」。
これって物語だけの話だと思ってました。
あんなに大きな木なんてなかなかないだろうしって思ってたら、
昨年末に「バオバブの木」セットに出会ったんです!

日本は熱帯ではないので、さすがに巨木にはなれないみたいだけど、
そろそろ暖かくなってきたので、植えてみようかな☆

バオバブの木って逆さまの木って言うんですね。
本当に葉が落ちた姿は、木が逆さまになったようです。
バオバブの木があるということは、王子様もきっと居たんだろうなー。

星の王子様公式サイト http://www.lepetitprince.co.jp/



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | livro | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
キズナ
2006-03-22 Wed 23:45
kizuna

今日の雨の中を歩きながら音楽聴いてました。
オレンジレンジの「キズナ」という歌に
「全て背負い込む事はないさ」というフレーズがあって。
なんでか涙が出ました。

・・・あー、私、また抱え込んでるかも。
がんばろうとして、やらなくちゃって思ってる。

こんな風に不意にコトバが触れるから音楽って・・・。
そうやって気持ちがふっと楽になれるときは
誰かが伝えてくれたんじゃないかって思うんですよね。



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | musica | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
JBLスーパーリーグ プレイオフ
2006-03-19 Sun 01:52
今日は、バスケットのプレイオフを見に行ってきました。

今シーズンの決勝のカードは、
オーエスジー VS トヨタ
初戦は、オーエスジーが79-74の僅差で勝ちました。

もう私が足しげく応援に行っていたころの選手は
少なーくなってしまいましたが、ずっと接戦だったので楽しかったです。

夏にはバスケのW杯、世界選手権があるので、
バスケットボール界も盛り上がってほしい!

第2クウォーターの最後に、超超ロングシュートを決めた、
オーエスジーのNo5 北郷選手は本当にすごい!
こっちのフリースローライン位からあっちのゴールですよ?!
すごすぎです。

JBL プレイオフ特集サイト: http://www.jbl.or.jp/playoffs/2005/playoffs.html
2006年FIBAバスケットボール世界選手権オフィシャルサイト:http://www.fiba2006.com/index_j.html



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | esporte | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
NEW DESIGN PALADISE
2006-03-18 Sat 01:35
NEW DESIGN PALADISE
という深夜番組を今見ていました。
残念ながらもう終わっちゃうのかな。

この30分番組、いつも見ようと思ってみていたわけじゃないですが、
いつしか毎回見るようになってしまった番組です。
もう2年近く続いてます。

きっかけは私が知っているデザイナーさんが出ていたことでした。
だんだん見るようになると、
毎回私の知らないデザイナーさんや職人さんが登場。
こんな人たちがいるんだ、このデザインはこの人だったんだ、
ってそういう発見もいただきます。

そして何がすごいって、そのオファーっぷりです。
日本でも、世界でも有名なデザイナーさんが登場するんです。
そして新しいデザインを生み出す。
(今日なんて、「イームズ」のオーナーですよ!)

一流であり、本物だから、すごいと思います。

併せて、谷原章介さんが面白いキャラクターなのがまたいいですね!
テーマソングも「ニューシネマパラダイス」なのがステキ。
小山薫堂さん、さすがです。



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | televisao | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
岩盤浴
2006-03-17 Fri 01:09
ちょっと前になるけど、
家から自転車で7~8分のところに「石の癒」という
岩盤浴のお店があります。女性専用。

年末に一度、別のお店にも行ったことがあって、今回2回目でした。
ここはきれいなのと広いのがいいなって思いました。
岩盤浴って、まぁサウナみたいなものですが、
初めて行ったときに感動したのは、
出る汗が本当にさらさらで肌がつるつるになるということ。
岩盤浴では、シャワーはオススメしておりませんなんて言われたよー
と内心びっくりしたけど、ほんとに要らなかったです。
続けないと効果は表れないと思うけど、
あの汗のかき方、出方はやっぱすごいなって思いましたね。

また機会を見つけていきたいと思います。



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | outros | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
東京タワー
2006-03-15 Wed 00:10

噂になっているこの本を買って読みました。
東京タワー

私も泣きました。
どこまでもどこまでも自分のことより人のことを想う
リリーさんのオカンの姿に。
読んだだけなのに、こんなに自分の中で鮮やかなイメージがわくお母さんも
そうはいないように思えました。

私の両親は高齢なのに、病気もせず元気です。今のとこ。
リリーさんのオカンと同じように
「心配しないでもこっちはこっちでやってるし、あんたは忙しいんだろうから」と
いうようなことをいいます。
私も関わり下手だから、その言葉を都合よく受け取って
殆ど帰省もしてこなかった。でもそれって・・・
と思った本でした。



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | livro | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
『単騎、千里を走る』
2006-03-13 Mon 23:00
一ヶ月ほど前に
単騎、千里を走る』という高倉健さん主演の映画を見ました。

あまり知られてなかったのか、公開したてなのに映画館には
殆んど人が入っていませんでした。

でもとっても感動して沢山泣きました。
高倉さんが演じる高田さんが、自分の息子との絆を取り戻そうと不器用ながらも
変わろうとしていく物語でした。
中国で出会うヤン・ヤンという少年、そのお父さんとの関わりもよかった。
その出会いを通して、高田さんは息子さんとの距離を近づけていったように思いました。

この映画のテーマは「顔と顔を合わせ、人と人とが交流する」とあり、
直接出会うことでの人のふれあいを描いていたけれど
そのことで、遠く離れていても心は繋がっているということを逆に伝えてもらった気がします。
それは直接出会えなかったとしても。



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | filme | コメント:8 | トラックバック:1 | top↑
油化装置
2006-03-12 Sun 19:29
TBSの番組『夢の扉』をたまたま見ました。

今日は伊藤さんという、
家庭から出るゴミを油化装置に入れることで、
油(燃料)に変えている人が取り上げられていました。
最後しか見れなかったので背景はよく分からなかったけど
ものすごいことをしてる人だと感動!

だって、ゴミ問題と資源問題両方を解決してるから。
というかゴミを資源に変えている!!
問題が解決されるだけでなく、さらに生み出しているところが
すごすぎます。すばらしい。
時代に応えていると感じました。

そう思うと私って冷たい…。


rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | televisao | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
指先で紡ぐ愛
2006-03-12 Sun 00:06

昨日の夜、家に帰ってテレビを見たら、
ちょうど「指先で紡ぐ愛」の最後あたりだった。

なので、正直ストーリーは分からないままになってしまったけど
そんな中、すっごく心に残った言葉がありました。
田中さん演じる奥さん、みーちゃんに対して
中村さん演じる旦那さん、フクちゃんが電話で言った台詞。
「僕は君が何か出来るから、してくれるから一緒にいたいんじゃない。
君の存在そのものが僕に必要なんだ」
と言うんです!
感動して涙でました。
私自身が、いつもどこかで何か出来なくちゃって思ってるところがあるので。
存在そのもの、ただいるだけで、ということを
大切にしてくれる人って素晴らしいと思いました。

原作読んでみたいですね。


rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | televisao | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
小栗判官!
2006-03-11 Sat 01:42
ogurihangan


初めて歌舞伎を観ました!
演目は『當世流小栗判官
近松門左衛門の『当流小栗判官』を
市川猿之助さんが再構成したものです。

歌舞伎は初めてでしたが、とっても楽しかったです!!
歌舞伎の世界って、ほんとにひとつの別世界を作り出してますね。
舞台自体も、台詞の言い回しの緩急も、裏方が出てきちゃうところも、音や音楽も、立ち回りも。
ほんとに華やかで美しかったですー!仕掛けもすごかったなー。
道具や美術を担当してみたい、あの舞台の袖にたってみたい、
とすら思ってしまうほど(笑)。
笑いもあるし、驚きもあるし、涙も出ました。
お客さんと役者が呼応しているのが拍手や笑い声で伝わりあって
それがすごく良かったです。

始まりに、前半のあらすじを言って口上で説明してくれたのですが
役者さんが出てるのを見ただけでなんだか涙が出てきてしまいました。
ホントにあのLIVE感はスゴイですね。
役者が生み出している気配が伝わってくる、あの感じは何なのでしょう。
思い出してもどきどきします。


rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | teatral | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
一人ひとり
2006-03-10 Fri 00:26
今日、宅間國博さんの写真が届きました!
こんなに早く届くなんて!!

宅間さんは『カインド オブ ブルー』(今は絶版になってしまいましたが)
という写真集の感想などを寄せてくれた人に
掲載写真の希望のカットを一枚送ってくださる、なんとも温かい人です。
今、発売されている『ブルー・ノート』でも
同じく感想をお送りすると、希望のカットのポストカードを
送ってくださるそうです。

私は今回、お店で見た『カインド オブ ブルー』のことで
メールしたので、フォトを送ってくださいました。
これは、絶対額を買って飾らなくては!!

HPやブログを見る限り、どう見積もってもたくさんの人が
訪れているのが分かります。
それなのに手間も費用もかけて、見も知らぬ私なんぞに
こんなことしてくださる、そのお気持ちが素晴らしいと思いました。
感謝感謝です。
併せてきっとそういうお手配をしてくださっているのであろう
アシスタントさんにも感謝です。

きっと一人ひとりをとっても大切にされているんだろうなと思いました。
相手がどんなスターだろうと、ふと出会った人であろうと
同じように接しているように思えてなりません。




rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | pessoa | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
我が落ちる
2006-03-09 Thu 03:28

昨日、TVをつけたら『情熱大陸』をやっていて、
辰巳芳子さんだった。

病のお父さんが食事が摂れないので、
スープから滋養が摂れるようにと毎日作ってあげていたのが
始まりとか。

私は以前にこの人の本「あなたのために いのちを支えるスープ
というスープレシピを買っていましたが、
改めて動く辰巳さんをみて、いやはやすごいと思った。
達人である。

「料理を丁寧にやっていくと、我がおちる。
そうするといい人になれる。
人のいのちに尽くせるようになる」というようなことを
おっしゃっていたのが印象的でした。

私はあそこまでのスープ作りは出来ないけど
辰巳さんが料理を介して伝えようとしているものは
どの職業であれ通じるものがあるような気がした。



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | pessoa | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
あの声に
2006-03-07 Tue 20:59

小田和正さんは
もうかれこれ、20年近く聴いているアーティストです。
コチラは最新アルバム。

最初はもちろんオフコースとして。
その後、しばらく聴いていないときもありましたが、
個人主義』というアルバムを聴いて大感動!
あの声にの続きを読む
別窓 | pessoa | コメント:3 | トラックバック:1 | top↑
人生のメリーゴーランド
2006-03-06 Mon 22:28
ハウルの動く城 サウンドトラック
ハウルの動く城 サウンドトラック
久石譲 (2004/11/19)
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

20060306221313.jpg

ハウル、アカデミー残念でしたね。

この映画も、立て続けに2連続で観ました。
千と千尋ほどは泣かなかったけど、
ソフィーが最後の方で、子供時代のハウルに会いに
ドアをくぐりぬけて歩いていくところから
「未来で待ってて」の台詞を言うあたりまでが一番好きですね。
あの小さな小屋にたどりつくまでの間に流れている
トランペットの音色がとっても切なくなってしまいます。


人生のメリーゴーランドの続きを読む
別窓 | filme | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
マリノス戦
2006-03-05 Sun 22:18
060305.jpg


久々にスタジアム行ってきました。
開幕戦だから、というよりある人のデビュー戦だから!
F・マリノス快勝だったので良かったです。

見せ場が多かったのもあるけど、
やっぱりLIVEはすごいな、と感じました。
毎回は行くこと難しいけど仕事とか抜きで、
もっとそのまま普通に楽しめるようになりたいなー。

メインスタンドにお客さんが少なかったのが残念でした。



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | esporte | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
猿之助さん
2006-03-05 Sun 01:48


市川猿之助が横内謙介さんと対談している本
夢みるちから スーパー歌舞伎という未来』を読みました。
とってもいい本でした。

その中でもとくに印象に残ったのは
猿之助さんは京都造形芸術大学
歌舞伎を教えていらっしゃるのですが、
理事長の徳山さんがある人に学校の理念をたずねられた時に
「スーパー歌舞伎をみてお客さんは感動している。
そういう感動を与える大学でありたい(要約)」と答えられたと書かれていたこと。


猿之助さんの続きを読む
別窓 | teatral | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
タクマクニヒロさん
2006-03-04 Sat 23:13
カインド・オブ・ブルー
カインド・オブ・ブルー
タクマ クニヒロ (2003/12)
二見書房

この商品の詳細を見る


昨日、ふとしたことからタクマさんの本のことを書きました。
ご本人に感想のメールまで送ってしまった。
昨日は少し時間がなかったので、
今日改めて先ほどからずーっと宅間さんのHPの日記を
読ませていただいていました。

私昨日青色のことを書いた時、何かリンクを貼りたいと思いました。
そのときに思い出したのが『カインド オブ ブルー』でした。
確かに青い本ですが、
私はこの本をまだ持っていないので、たった一度しか
読んだことがありませんでした。
なのに、なんで思い出したのだろうと思ったけど
それがちょっと分かりました。
タクマクニヒロさんの続きを読む
別窓 | pessoa | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
蒼色
2006-03-03 Fri 19:43


去年末、ひょんな場所で見た本は
ぜんぶが青い本でした。
写真がとってもきれいでした。
同時に書いてある中身(特にプロフィール)がとても印象的でした。
私は写真のことは分からないけれど、自分のことを
ここまでオープンにするこの人ってすごいなーと思ったのを覚えてます。
タクマ クニヒロさんの『カインド オブ ブルー』

kind of blue


いつのころからか青い色が好きです。
Blogを見ての通り、こんな具合。
・・・分かりやすい、分かりやすすぎる(-"-;)。

でも、ちいさい頃はピンク派でした。
何を買ってもらうにもピンク色でした。
いつから青になったんだろう?と思っても思い出せません。
キッカケがあったのか無かったのか・・・・。


蒼色の続きを読む
別窓 | meu | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
キラキラした力強い瞳
2006-03-02 Thu 17:58
名嘉睦稔という版画家さんがいらっしゃいます。
沖縄の伊是名島生まれで、裏彩色という手法で版画を
彫られて(ご本人いわく"いただいて")います。

そんなボクネンさんに会ったのは、
「地球交響曲第4番」というドキュメンタリー映画でした。
出演者だったのです。

gaia No4

キラキラした力強い瞳の続きを読む
別窓 | pessoa | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
県庁の星
2006-03-02 Thu 00:37

「県庁の星」見ました。
ストーリーは、期待したほど…という残念感が否めなかったのですが、
織田さん演ずる"県庁さん"がスーパーに研修に行っている間のシーンは
面白かったです。
あの変わっていく姿勢は、ちょっと胸が痛かった。
「素直に謝る、素直に教わる、
何かを成し遂げるには仲間が必要」
とは今の私に足りないモノ。



rankingbanner.gif

*ヨロシカッタラクリックオネガイシマス。

>>人気blogランキング
*コチラモクリックオネガイシマス。
別窓 | filme | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
千と千尋を生み出した人
2006-03-01 Wed 00:03

私が大好きなアーティスト(この人の場合、そう呼んでいいのかな・・)に
覚和歌子」さんがいらっしゃいます。
最初に知ったのは、ご存知「千と千尋の神隠し」のテーマソングでした。
この映画は試写会で観たのですが、映画を観ては泣き、
さらにエンディングでこの曲にまた泣き、
すぐにテーマソングのCDを買って、あの夏はずーっと聞いていました。
イベントのために山麓へ向かう電車の中、
歌詞をノートに書きつけて、ひたすら心の中で歌っていたのを覚えています。
それくらい感動したのでした。励まされたのでした。
それくらい私の心に響く言葉(そして木村弓さんの声)でした。

千と千尋を生み出した人の続きを読む
別窓 | pessoa | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。