スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ANGEL OF THE LIGHT』山下達郎さん
2009-01-11 Sun 02:23
ずっと一緒さずっと一緒さ
(2008/03/12)
山下達郎

商品詳細を見る



『ANGEL OF THE LIGHT』は、山下達郎さんの曲でニコンのCM曲です。
ニコンのHPで、CMが見れます。→ http://feature-nikon.jp/
(CMギャラリーから、光の世界編で見ることができます)

この曲は「ずっと一緒さ」のカップリングとして入っています。
CMはもっとゆったりとしたアコースティックな感じなのですが
CDでは普通に歌ってて、ちょっと残念。

でも、FMでかかるたびに、いつか手にしたいと思っていたので
去年買ったときには、ずっとリピートして聴いていました。
対訳歌詞がついているのですが、
歌詞の内容がステキなのと、やっぱりあの歌声とメロディ。

ニコンのCMとして創ったのでしょうけれど、
普遍的なものを感じるのはなぜでしょう。

「道に迷い 独りぼっちの時には星が家まで連れ戻してくれる
天使が降りてきて ぼくを光で照らし そしてこう言うんだ
ぼくが望むこと 見る夢ははたから見えるほどむちゃくちゃではない、と」
という歌詞が好きです。

気持ちが沈んだときに、ずっとリピートで聴く曲です。
英語が分からない私には、繰り返し聴いても邪魔にならないのです(笑)。




この歌を捧げよう
手で触れることのできないものの中にこそ
時に 真実があることを知っている すべての人たちに
ひとは目を閉じてこそ ようやく目覚められる
今ある以上に色鮮やかな世界を描くことができる

きみはぼくと似ているのかもしれない
雲の向こうにあるかもしれぬ虹や
大空を優雅に飛んでいく鳥達をみつけようとする
そこではすべての心が光に晒されている

美しさ ぼくはそれを美しさに変える
着想の源に救いを求め
創造の色彩を使って遊ぶ

眠れぬ夜を迎えるとき
ぼくは光の天使に呼びかける
やがて彼女の愛でぼくは満たされていく
朝の太陽に包まれるとき
目に映るすべてのひとに対して 優しい気持ちになれる
輝き出すぼくの宇宙
すべて彼女のおかげなんだ ぼくの光の天使



五月に咲いた花は やがて萎み
冬がもたらす白の世界も やがて消えてなくなるだろう
でもぼくには時を止めることができる 神様が生み出した造形を
このレンズの眼を通して 自分のものにしてみせよう

美しさ ぼくはそこから美しさを創る
ぼくを導く銀色の夢 そこから切り取った風景
そうなれるかもしれぬ未来の世界を映し出す写真たち

道に迷い 独りぼっちの時には
星が家まで連れ戻してくれる
天使が降りてきて ぼくを光で照らし
そしてこう言うんだ ぼくが望むこと 見る夢は
はたから見えるほどむちゃくちゃではない、と
今夜 ぼくはひざまずく
すべて彼女のおかげなんだ ぼくの光の天使



朝の太陽に包まれるとき
目に映るすべてのひとに対して 優しい気持ちになれる
輝き出すぼくの宇宙
それはすべて彼女のおかげなんだ ぼくの光の天使
彼女のおかげ ぼくの光の天使よ



スポンサーサイト
別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
中孝介さん『絆歌』など
2008-11-24 Mon 12:44
絆歌絆歌
(2008/10/01)
中孝介

商品詳細を見る


なつかしゃのシマなつかしゃのシマ
(2006/10/11)
中孝介韓雪

商品詳細を見る



「いつでも~こたえは~、ぼくらのすぐそばにぃ~♪」
と鼻歌で歌っていたら、
「ameixa、鼻歌歌って楽しそうね!」といわれました(^0^)


中さんの歌は、前はFMで聴こえてくるアーティストの一人だったけど
最近、アルバムを買ったのです。

昨年と今年、NHKで放送されていた「ジャッジ」というドラマで
『路の途中』という曲を聴いたのが、
そもそものきっかけだったかなと思います。
その時は、すごい好き!って感じじゃなかったのですが、
先日、音楽番組で『『花』を歌っているのを聴いて、歌詞が心に残り。

何枚かアルバムを買ってみて、
『路の途中』と『種をまく日々』という歌が、特に好きになりました。

♪まだ見ぬ明日を恐れるよりも 生き抜いた今日という日
そっと抱きしめよう

どこまでも遠く続く 路の途中 いつまでも貴方と微笑みを交わし
暗い道に迷うときは 肩寄せて 一緒に明かりを灯そう♪


♪種をまく日々があって 水をやる日々があって
いつか見えるんだ 僕らの未来が
立ち止まる日々があって 答え探す日があって
いつか笑うんだ 優しく笑うんだ
今はただ 目の前の道 ゆっくりと進んでいく♪

『路の途中』は、遠く長い道を一緒に歩んでいきたい人がいる、
『種をまく日々』は、夢に向かう道がいつか見えてくる、
と歌っていて、設定はちょっと違うかもしれませんが、
どちらも未来に向かって、願いに向かって歩んでいくという雰囲気があって
今の私にとって、励ましであり、そして私自身でもあり・・・。
と感ずる部分が強かったからです。



また、『絆』、『花』という歌もすばらしいと思いました。
何度聴いても、歌詞が響く。

♪いつでも答えは 僕らのすぐそばに
大切な絆を この手の中 繋いで

いつも目には見えない「絆」が僕を支えてくれる♪

♪花のように 花のように
ただそこに咲くだけで 美しくあれ
人はみな 人はみな
大地を強く踏みしめて それぞれの花 心に宿す♪

この2曲は、ほんとに普遍的なことをまっすぐ歌っているなーと思います。
今の時代ゆえに、よりこういう内容が心に響くのだろうなと思います。


誰の中にもある不安だったり、わからなかったり、見えなかったりする
意識していない、揺れる気持ちが
癒されたり、落ち着いたりするからなのでしょうか。

そういう意味で時折、こういった曲などの中に
言葉の力というものを感じます。


別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
小田和正さん『今日もどこかで』
2008-11-09 Sun 22:35
今日も どこかで今日も どこかで
(2008/11/05)
小田和正

商品詳細を見る


小田和正さん公式サイト far east cafe: http://www.fareastcafe.co.jp/

久しぶりに、CDシングルなるものを買いました。
しかも発売日前日に。
これ、525円だったんですけど、今ってシングルこんなに安いの??と
レジで驚いてしまいました。

なんで、このCDを買ったかといいますと、
夏に行ったライブで心に残った曲のひとつだったからです。
あのとき、帰宅してから、あの歌もう一度聴きたいな~と思ったのですが、
まだ発売されていなくて、しかたなくツアー特設サイトのBGMを
何度も繰り返し聴いていたのでした(笑)。


「誰かが いつも 君を 見ている 今日も どこかで 君のこと 想ってる」
という歌詞があるのですが、
小田さんの曲には、“いつも誰かがあなたのことを見ているよ”という
意味合いのフレーズが結構多いように思っています。
私が、そういう言葉が好きなために、そう感じるのかもしれませんけれど(笑)。
それは時に親子だったり、恋人同士だったり、友人だったりするのですが
私は、そこにもっと大きなまなざしを感じるときがあるのです。

あと、この曲を聴いた人が
「巡り会って そして 愛し合って 許しあって 僕らは つながってゆくんだ」
という歌詞のところで
「巡りあってとか、愛し合ってはあっても、“許しあって”って
あんまりないよね。でも本当にそうだなって思って。ステキだね」
と言ったことがあって、それがとても心に残りました。

信じるとか、ゆるすとか、愛するとかって、
言葉では簡単に言えちゃうけど、実際にはムリーッ!(笑)。
だけど、ほんとはそう在れたらいいなって思う自分がいるから
感動するんだと思う。

ひとりじゃない。きっと、私も。
そう思いたくて、誰かに想われたいと願ったりするけれど、
本当は自分が誰かのことを想えるときこそが、
そのときなのかも・・・と思わせる、この人はそんな人だと思います。



別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
小田和正さん「今日もどこかで」
2008-09-06 Sat 13:54
小田和正さんのライブ
「今日もどこかで」に行ってきました!

ツアーサイト: http://www.k-oda2008.com/index.html

小田和正さん公式サイト「far east cafe」: http://www.fareastcafe.co.jp/


久しぶりの小田さんのライブでしたが、
相変わらずステキな時間をいただきました。
お客さんも、空席もほとんどなく、男性の比率も多いし、
親子できてる人もいたしで、ファン層の広さを改めて感じました。

小田さんのライブに行くのは今回で3回目になるのですが、
今回の横浜アリーナはこれまでで一番広い会場でした。
FC枠の席を譲っていただいたので、
かなり観やすい席で、とても嬉しいと思っていたら!
途中で小田さんが客席に身を運ぶということをし始められ、
なんと、私の目の前を通り過ぎていかれました。
(私の席はちょうど通路に対して一番前の席だったのです)

目の前を通られたのは、かなりのオプションでしたが
それがなくとも、曲も歌詞も心に響くものばかりだし、
相変わらず会場のすみずみまで走り回られるし、
アンコールも結局3回もしてくださり、
3時間、楽しませていただきました。

そしてやっぱり、「君住む街へ」では泣けてしまい。
今回のツアーテーマの「今日もどこかで」、
06年のクリスマスの約束でオンエアされた「東京の空」も同様でした。

私が小田さんに感動するのは、歌う言葉にいつも
「誰かが、いつもあなたをみている」
「かならず、そばにいる」といった気持ち、
あなたは一人じゃないよというメッセージを感じるからです。

そして、その感動を与えてくださる小田さんと
一緒に分かち合ってくれたRさんに心から感謝します。



自己ベスト-2自己ベスト-2
(2007/11/28)
小田和正

商品詳細を見る



小田和正/そうかな―相対性の彼方小田和正/そうかな―相対性の彼方
(2005/07/06)


商品詳細を見る



小田和正インタビュー たしかなこと小田和正インタビュー たしかなこと
(2005/03)
小田 和正小貫 信昭

商品詳細を見る

別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
気になるアーティスト
2008-05-17 Sat 15:14
The RootsThe Roots
(2006/05/24)
福原美穂

商品詳細を見る

Step☆Out EPStep☆Out EP
(2006/10/11)
福原美穂

商品詳細を見る

セリーヌ・ディオン・トリビュート(DVD付)セリーヌ・ディオン・トリビュート(DVD付)
(2007/09/26)
オムニバス、平原綾香 他

商品詳細を見る



CHANGECHANGE
(2008/04/16)
福原美穂

商品詳細を見る


公式サイト: http://www.fukuharamiho.com/index.html


最近、気になるアーティストがいます。

福原美穂さんという、北海道出身のアーティストです。
先日、「CHANGE」という曲でデビューされました。

FM局で流れていた歌から、彼女のHPに行ってみたら、セリーヌディオンのトリビュートに
参加していたことを知りました。
「無名ながら」というフレーズに、へ~と思って、HPを見ていたら
GOSPEL at Brookins Community Churchというアーカイブスが。
それが素晴らしかったのです。「Oh Happy Day」と「Amazing Grace」を歌ってたのですが、
Amazing Graceが、アカペラで、とっても感動しました。
この曲で、涙が出て、「CHANGE」を買ってしまいました。

CHANGEは、Amazing Graceとは印象が全然違うので、
私はもっとバラードが聴きたいかもとは思いましたが、
きっとこれから、ソウルフルな曲も、バラードも、
歌ってくれる人になっていくのではないかと思います。


コチラで、インタビュー記事がみれます。
http://ent2.excite.co.jp/music/special/fukuharamiho/interview01.html
別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
小田和正さんのクリスマスの約束2007
2007-12-29 Sat 03:08
今年も小田さんのクリスマスの約束の季節が来ました。

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/program/promise_20071225.html

今年はどんなプログラムになるのだろうと思っていたけど、
なんだかとっても感動しました!
もしかしたら、自分の人生に変化があったからなのかもしれないですけど・・・。

今回の番組のテーマとして、「縁、出会い」というのを挙げていたように思いますが、
確かにそういうことを大事にしているように感じました。
小田さんの曲も少なめだったし・・。

この番組の開始当初から一貫して後輩たちへの伝承ということを抱いているとは
思っていたけど、今回の番組を作っていく過程のメイキングを見て
それを更に感じました。
一年間かけて、一人ひとりに関わって、あの番組を創っているのがよく分かります。

一番感動したのは、さだまさしさんと作った「たとえば」と
早稲田グリークラブのために書き下ろした「この道を行く」です。
さださんと作った「たとえば」は、二人の人生の長さ、重さ、経験がとっても詰まった曲、
早稲田グリークラブに作った「この道を行く」は先輩から後輩への伝承とでもいうか
小田さんの「何で人生生きてきたか」が詰まった曲のように感じました。

ふと、そういえばいつから始まったのだろうと思って探してみたら、
2001年が最初の放送でした。
そう思うと、もう7回も続けていらっしゃるということ。
いくらゲストが出てくれているからとはいえ、7年も同じ番組が年末に続くのは
大きなことではないかと思います。
そう思うと一番はじめに、ゲストが誰もでないというのが今回のテーマ、
それを次回にどうつなげて行くのかと小田さんが言っていたことを
実行し続けているということなのかなとも思ったりしました。

「とにかくすっごく音楽が好きだった。こんなに好きなのか、って思う位」
とエンディングテロップ中に話していた小田さんの姿がありましたが、
その情熱と信念を貫く姿に、改めて感動しました。

そしてこの人の声には、いつでも癒され
そして言葉には、いつでも大切なものを思い出させてもらうのでした。



自己ベスト-2自己ベスト-2
(2007/11/28)
小田和正

商品詳細を見る
別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
泣いた歌「木蘭の涙」
2007-01-30 Tue 00:38
木蘭の涙 木蘭の涙
スターダスト・レビュー (2005/05/25)
オーマガトキ
この商品の詳細を見る

昔、10代だった頃、
一番仲がよくて大好きだった従兄弟が病で亡くなってしまい、
その時の音の記憶として、虎舞竜の「ザ・ロード」と
この「木蘭の涙」が心に残っています。

「ロード」は本人が当時好きだった歌でもあり、
残された家族にとっては、歌詞がとてもぴったりくる切ない歌で、
私たち親族にも紹介してくれました。

この「木蘭の涙」はその時特に聴いたような記憶はないけど
でもどこかで聴いたのかもしれなくて、この歌を聴くと従兄弟を思い出します。


今日久しぶりに聞いたら、
何でかすごく泣けてきて、自分でも驚きました。
恋人の歌ではあるけれど、家族であれ、友人であれ、
近しい人への想いを本当にそのまま表してる歌だと改めて思いました。
歌詞のその情景が心に思い浮かびます。

私自身が家族を失ったりという哀しい思いがあるわけでもないのに
歌うだけでこんなにも涙が出る、この歌はすごいと思いました。

「あなた」を嘘つきだねと言っているけど、責めているわけではなく
逢えない刹那さを、そして人と出会えることへの愛しさを歌っている歌だと思います。


♪木蘭の涙♪

逢いたくて逢いたくて この胸のささやきが
あなたを探してる あなたを呼んでいる
いつまでもいつまでも そばにいると言ってた
あなたは嘘つきだね 心は置き去りに

いとしさの花籠 抱えては微笑んだ
あなたを見つめてた 遠い春の日々
やさしさを紡いで 織り上げた恋の羽根
緑の風が吹く 丘によりそって

やがて時にゆき過ぎ 幾度目かの春の日
あなたは眠るように 空へと旅立った

いつまでもいつまでも そばにいると言ってた
あなたは嘘つきだね 私を置き去りに

木蘭のつぼみが 開くのを見るたびに
あふれ出す涙は 夢のあとさきに

あなたが来たがってた この丘にひとりきり
さよならと言いかけて 何度も振り返る

逢いたくて逢いたくて この胸のささやきが
あなたを探している あなたを呼んでいる

いつまでもいつまでも そばにいると言ってた
あなたは嘘つきだね 私を置き去りに



ザ・ロード ザ・ロード
虎舞竜 (2003/01/21)
日本クラウン
この商品の詳細を見る
別窓 | musica | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| cena emocional | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。