スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
岡田准一くん主演『おと な り』を観ました。
2009-10-10 Sat 21:03
おと・な・り [DVD]おと・な・り [DVD]
(2009/11/04)
岡田准一麻生久美子

商品詳細を見る




V6の岡田准一と麻生久美子の共演によるファンタスティックなラブストーリー。
相手の部屋から聞こえる音を通じて惹かれ合う男女が、恋に落ちていくまでを
透明感あふれる美しい映像の中につづる。
監督は青春ドラマの快作『ダイブ!!』が記憶に新しい熊澤尚人。
30歳を迎え、人生の岐路に立つ男女の心の揺れ動きを繊細なタッチですくい取る。

ストーリー
自分の道を模索するカメラマンの聡と、フラワーデザイナーを志す七緒。
30歳のふたりはアパートの隣同士に住んでいる。
顔を合わせたことはなかったが、壁越しに聞こえてくる何気ない音によって
互いに心惹かれていく。

監督:熊澤尚人
出演:岡田准一/麻生久美子/谷村美月/岡田義徳



岡田くんが好きってわけじゃなかったけど、
気になっていた映画「おと な り」を観に行くことができました。

自分も世代が近いせいか、ストーリーに入りやすかったです。
生活が生み出す音を改めて感じた作品でした。

七緒ちゃんは、フラワーデザイナーを目指し、
聡くんはカメラマンとしての自分の道に迷う。
人生、何をしていくのか、というテーマがよくも悪くも強くなるのが
30代なのかもしれないと思います。自分もそうだし。

だから、自分がこれ、と思って突き進んできた七緒ちゃんの姿に
そのためには我慢したり、諦めたりしていることもあるんだろうなって
思ったり、
やりたい道にはついているけど、本当にしたいことから
どうしても逃げてしまってきた聡の姿にも、自分と重なるところも
あったりして、今のタイミングで見れて良かったって思いました。

隣同士の家の中と、それぞれの職場、そして故郷。
その3つしか場所がないので、その分、一人ひとりの表情や
絡み方が細かくみれてよかったです。

恋愛部分については、すっごい偶然の重なりで
最後に会えて、ホント良かったっていうか、ほっとしました(笑)。

七緒ちゃんが、氷室さんにガツンといわれて、
帰宅後に、抑え切れなくてフランス語をやりながら泣いちゃうシーンが
一番好きですね。
認めたくないけど、氷室さんに言われたことが図星なのが
心のどこかでは分かってて、だから悔しいし、
自分に対しても情けないというか、不安ややるせなさみたいなものが
あって、しかも家には自分ひとりで、甘えられる恋人もいなくて。
頑張ってきたからこそ、自分は違う!って思いたかった感じ。
それを隣の部屋の聡が、そっと受け止めてくれる、
そのみえないつながりが感じられました。
氷室さんにいわれたことも、きっとあのあとの七緒ちゃんの人生に
おいて、言われてよかったって思うときが来たんだろうなと思いました。

パンフレットにあった、脚本家のまなべさんの対談とインタビューも
よかったです。2週間くらいの間のできごとを描いているというのを
読んで、初めて「そっか、そうだよね」と発見(笑)。
それくらい、毎日の小さな出来事が積み重ねられていました。

また観たいです。





映画「おと・な・り」オリジナル・サウンドトラック映画「おと・な・り」オリジナル・サウンドトラック
(2009/05/13)
サントラ

商品詳細を見る


おと な  り シナリオブックおと な り シナリオブック
(2009/05/30)
まなべ ゆきこ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | filme | コメント:2 | トラックバック:2 | top↑
是枝監督「空気人形」感想
2009-09-27 Sun 00:07
空気人形 O.S.T.空気人形 O.S.T.
(2009/09/25)
world’s end girlfriend

商品詳細を見る


シネマライズ、新宿バルト9ほか 全国順次ロードショー
【監督・脚本・編集】是枝裕和
【原作】業田良家「ゴーダ哲学堂 空気人形」(小学館ビッグコミックススペシャル刊)
【出演】ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、
星野真里、丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子
【配給・宣伝】 アスミック・エース エンタテインメント

【ストーリー】
古びたアパートで、持ち主である秀雄と暮らす空気人形──空っぽな、誰かの「代用品」。
ある朝、本来持ってはいけない「心」を持ってしまう。
秀雄が仕事に出かけると、洋服を着て靴を履き、街へと歩き出す。
初めて見る外の世界で、いろいろな人間とすれ違い、つながっていく空気人形。
ある日、レンタルビデオ店で働く純一と出会い、その店でアルバイトすることに。
密かに純一に想いを寄せる空気人形だったが、彼の心の中に
どこか自分と同じ空虚感を感じてしまう──。

―パンフレットより―
誰かに愛されたい。
必要とされたい。
自分に足りない“何か”を埋めたいのに埋められない。

「心」を持つことで人間と同じ想いを抱えた空気人形と
その町に暮らす空気人形以上に空っぽな人間たち。
現代を生きる都市生活者の心情を映し出すように、
映画は町に暮らす人間の悩み、苦しみ、そして空虚感を浮き彫りにしていく。
それとは対照的に、愛する純一の「息」で空っぽだった体を満たし、
一度きりの「生」を生きる決意をする空気人形の姿は、私たちに問いかける。
生きるとは何か?愛するとは?心を満たすには?




今日から公開した「空気人形」観て来ました。
公開初日に行くなんて思ってもなかったんですけど、
昨日、ラジオに是枝監督が出ていて、その話を聞いていたら観に行きたくなって。
たまたま豊洲に用事があったので、その帰りに。

ファンタジーと聞いていたのに、なんでR15指定なんだろう?
って思ったのですが、確かに・・・という展開で、正直びっくりしました。
なんていうか、うーん・・・という重いため息が出ちゃいそうなえぐさもあるし、
性欲処理の代用品というフレーズが生々しいデス。
だから、嫌悪感を抱く人もいるかもしれない。シュールだし。

でも、全篇通して感じたものは、もっと違うものというか
重くもあり、あったかくもあり、切なくもありという感じでした。
終わってすぐは重たいんだけど、それだけ映画にひっぱられるというか
だんだんと重さとあたたかさが入れ替わっていくような。
映画館から帰る道々、自分が心を持った空気人形になったかのような
感覚がなかなか消えませんでした。

映画に登場している人たちが、それぞれに空虚感、孤独感を抱いているのですが
いつもは目をそらしているけれど、実は自分もそうであるというところに
立たせられながら、ストーリーが進んでいく。
人間なのに、心がからっぽな人たち。

一方、人形なのに、心がどんどん満たされていく空気人形。
そのキラキラした瞳や、感動する姿、恋するしぐさにもまた重なる部分を感じ。

人間のきれいじゃないところがリアルに描かれていて、
汚さや醜さや生々しさや鋭さのドロドロ感。それも人間。
だけど、誰かや何かとのつながりや、関わりや、充実を感じて
感動できるのもまた人間。

誰かの代用品じゃない。「モノ」と「人」の違い。
悲しいだけじゃなく、美しいもの、綺麗なものがある世界と人間。

豊かさとか、あたたかさとか、つながりとか、
生まれてくること、生きていることを考える映画だと感じました。

一回ではうまくまとまらないですね~(T_T)

別窓 | filme | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
「ぐるりのこと。」DVD発売決定
2009-01-26 Mon 01:22

ぐるりのこと。オフィシャルブログ: http://blog.excite.co.jp/gururinokoto

この映画、すごいことになっています。

毎日チェックしてるわけじゃぜんぜんないのに、
サイトを覗くたびに、新しいニュースが。
しかも受賞ばっかり。

1月23日 毎日映画コンクール日本映画優秀賞受賞!

1月20日 第23回高崎映画祭作品賞&主演女優賞受賞!!

1月15日 祝!!ブルーリボン賞☆木村さん主演女優賞&リリーさん新人賞!

12月18日 木村多江さん、日本アカデミー賞 優秀主演女優賞受賞!

そして、2月25日に、DVDが発売されるそーです。

受賞されたことによってか、上映映画館も増えて、
2月になったら、また見に行けるチャンスが・・・。

すごいですねー。
うーん。
いいものは伝わっていく・・・。
でも、それを生み出すことは、
形にすることは、
簡単じゃないのだろうと思うのです。
願いのエネルギーの強さ。



DVD、買います♪

別窓 | filme | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「ぐるりのこと」の木村多江さん日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞
2008-12-29 Mon 00:30


「ぐるりのこと」オフィシャルサイト:http://www.gururinokoto.jp/


― この気持ち、吐き出せないこの気持ちは、
「ぐるりのこと。」を見たら、だせるんだろうか・・・。
と思った。

次の瞬間、「あ、そういえば3回目を見損ねた」と思って、
上映劇場を見ようとサイトをみたら、
木村さんが日本アカデミー賞を受賞したと載っていた。

そうか。それはすごい・・・。でも納得。


ときどき、翔子が嵐の夜に泣き崩れたように
思い切り、自分の思いをぶちまけたくなるときが訪れる。
それって、甘えであり、同情を買いたいとか、受け止めてほしいって
思ってるだけのこと、単に自分が弱いだけなんだってのも分かる。


でも、本当はこう思っていたの、っていう冷静な気持ちにたどりつく前の
むかむかして、悔しくて、淋しくて、情けなくて、
でも、相手には見せられない気持ちが
どうしたってある。


時間がたてば、気持ちも落ち着いて、
また、毎日がやってくる。
でも、心のどこかにそれを知らずにためて、
またたまりきると、人に迷惑をかける。
それはだいたい、自分に近くて、大事な人なわけ。

感情的になっていても、でもどうしようもない気持ちを
出せることがいいことではないのかもしれない。
でもためこんでることに気づかないがゆえに、
突然、自家中毒を起こす。


翔子のように、あの夜をきっかけに、という日が
来年は訪れるようにがんばらなくては・・・


別窓 | filme | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
『ぐるりのこと』
2008-10-18 Sat 23:18
gururinokoto

ぐるりのこと。
オフィシャルサイト: http://www.gururinokoto.jp/index.html
監督・原作・脚本・編集 橋口亮輔
キャスト: 木村多江、リリー・フランキー
      倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明


2度観ましたー!
一度目は一人で行って超感動、
なもんで、二度目は大切な人と行きたくなって行きました。


こう在りたいな、人間ってステキ。と思う夫婦のひとつ(一組?)でした。
夫婦だからこその絆、のようなものを感じた作品でした。
きれいなとか、美しいというのではなく、
人間くさくて、汚いところも、暗いところも、人には見せたくないところもあって
それが本当なんだろうなと思いました。

木村さん演じる翔子と、自分が重なるところが多く、
彼女の中にある「ちゃんとしなくちゃ、ちゃんとするの」という思いと
それゆえに心のバランスを失ってゆきながらも、
自分ひとりで何とかしようともがき、でもどうにもできなくなって
旦那さんのカナオに、ぶちまけざるをえない件は、2度ともすごく泣きました。

私は、自分が大事な人の前で(それは男女関係なく)
自分から自分を開くことができない、というのがテーマのひとつなので、
極端にいうと、翔子が自分の代わりに出してくれているように思えて
とても癒されるというか、救われるような気持ちになるのです。

また、その翔子に驚くでもなく、軽蔑するわけでもなく、怒るのでもなく、
諭すのでもないカナオの、受け止め方にも、また癒され。
彼は彼で、お父さんの自殺という痛みを抱え、どこかでそれを責め、諦め、
人に対する諦め感も抱いているのかなと思いました。
だけど、法廷画家をする中で、多くの様々な痛みを抱える人々を観て、
描きながら、ただ受け止めることを積み重ねてきたカナオだから、
翔子のことも見守り、受け止めることができたのではなかろうかと思いました。
この場面で、初めてカナオはたくさん翔子に語りかけます。
「オレがそういう話、ニガテなのしってるやんか」
「泣いたらいい人なんかなぁ」といいながらも、
「スキだから、一緒にいてほしいと思ってる。お前にいなくなられたら困るし。
お前はいろんなこと、気にしすぎる。みんなに嫌われてもいい。
好きな人にたくさん好きになってもらえたら、そっちのほうがずっといいよ。」
と言葉にして伝えます。
カナオにとっても、翔子はとても大切な存在なんだなと思いました。
翔子は、きっと初めてそのことを実感したんだと思います。

この嵐の夜の魂のぶつかりあいのようなシーンから
二人の絆がだんだんと深まっていきます。
向き合っていた二人から、横並びになったような感じ。

翔子は子どもの存在を受け入れられるようになって、天井画を引き受ける。
カナオはそれをそっと支えながら、翔子だけをみていくようになる。
翔子のお父さんのお見舞いに行った後のシーンでは
カナオの中でも、自分の父に対する思いに変化があったんだなと感じました。

天井画をみながら、手をそっとつないで、そして足をばたばたと
ぶつけあうシーンは、本当にこちらまで幸せな気持ちになりました。

ほかの方のレビューの中に、
最初は二人の「足」にまつわるシーン、そして最後は天井画になる。
地から天へ向かう浄化の物語、と書いてありましたが、
本当にそうだなあと思いました。


人との絆は、切れない。
と私も言葉では何度も思いますが、本当に実感できているかといえば
それはなんともいえません。
そう思えるときもあるけれど、何かあったら、すぐに覆るからです。
信じたいけど、信じてると言いきれない。信じたいという願望。
でもそれは、私が自分や人に対して、きれいごとだけで済ませようとしているから。
ドロドロとしたところ、みたくないもの、みせたくないもの、みないでほしいもの
ひっくるめることが出来るようになったら、いつか。
見せられないうちは、いつまで経っても・・・。なんだろうな。



DVDが出たら、きっと買っちゃう気がします。
オススメです。
別窓 | filme | コメント:8 | トラックバック:8 | top↑
写真映画「ヤーチャイカ」
2008-06-29 Sun 21:34
気になっていた映画「ヤーチャイカ」を仕事の合間を縫って強行で観て来ました。

観にいってよかった!

元々、『千と千尋の神隠し』で覚和歌子さんが書いた「いつも何度でも」に大感動して
あの夏中、「いつも何度でもと「いのちの名前」を聴いていました。

そのあとエッセイ集「青天白日」を読んで、また感動。

この方のつむぐ言葉は、私の心にとても響きます。

だから、この映画が公開されると知ったとき、しかも谷川さんと一緒に創られただなんて
行かなければと思ったものの、仕事に追われて、気づけば渋谷の公開終了まで
あと1週間になっていました。


映画の感想としては、
最初に書き出される詩からして、すでに涙でした。
覚さんのことばは、ふっと私を元々に還そうとしてくれるから。

写真映画は初めて見ましたが、いわゆるスライドショーのような感じです。
だけれど、そこに音楽と、ナレーションが入ることによって
一枚一枚が途切れることなく、連続していって、それは動画のようでした。
一枚と一枚の間の「間」が、さらにそれを強めていました。


もともと、「ヤーチャイカ」は詩集『ゼロになるからだ』で読んではいたけれど
単にそれを読んでいただけでは、全然感じることが出来ない世界がありました。

そして、香川照之さんの演技のすばらしいこと。なんと豊かな方でしょうか。
尾野さんの透明感ある佇まいもステキでした。

特に感動したのは、
正午(香川さん)が野菜を食べるところ
そして
新菜(尾野さん)が正午に過去を語るところ
そして
正午が顔を洗って、鏡をみつめるところ

野菜を食べるところは、とても生命力を感じたから。
圧倒的な。

正午に過去を語るシーンは、そこだけきらめく水面の映像で、
その映像に気持ちが行ってしまうのですが
そこで語られる新菜の言葉は深すぎます。
人のいのちと死、今居るここと、宇宙とのつながり。
人間と魂の話だったような。
細かいことは覚えていられなくて残念ですが、
そこだけを聴きにもう一度足を運びたいくらいです。
きっとそれは真実(ほんとう)のことだから
そう思うのだと思います。

そして、正午が顔を洗うところは、
明らかに心が変わったことが伝わってくるから。
その潔さ、まっすぐさが。
だから、新菜のところを去っていくことが悲しいことに思えない。
むしろ再生の物語。

覚さんの中では、新菜が主人公だそうです。
一見、正午が新菜に癒されて旅立っていく、再生の物語に見えるけれど
どちらかだけが、ではないのだと、それを聞いて思いました。

背景の説明や、細かいセリフがほとんどない分、
それらは見る側に托されます。
こちらがいったいどういう心情、状況であるかによって、
何度みても、終わった後に感じることは違ってくるのではないでしょうか。

エンドテロップが流れ終わって暗転した後、
ほとんどのお客さんがすぐには席を立とうとせず、
ヤーチャイカの世界に居つづけました。


何が、これが、と区切って言葉にはできないけれど、
それが、この映画のもつ力だと思いました。

サントラも購入しましたら、
やっぱり再度観にいきたいな~。という気持ちに。



ヤーチャイカ公式HP
http://yah-chaika.com/

覚和歌子さん公式HP
http://www5a.biglobe.ne.jp/~misohito/fgtitle.html

ゼロになるからだゼロになるからだ
(2002/04)
覚 和歌子

商品詳細を見る


映画「ヤーチャイカ」ソングブック映画「ヤーチャイカ」ソングブック
(2008/06/25)
サントラ中村紗理

商品詳細を見る

別窓 | filme | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
地球交響曲 第六番
2008-04-07 Mon 03:57
ガイアシンフォニー第6番を観に行った。

これが二回目。
前回は一人で、下高井戸まで。
今回はある人にこの映画を紹介するために。

今回のテーマは「音」。
虚空の音という表現は、私にはちょっと難しかったけれど、
相変わらず、登場人物一人ひとりの人生と世界観が一貫して突き抜けているところが
あるのは感動する。
私が感動したのは、ケリーヨストさんというピアニスト。

小さな石ころ一つにも、心がある。山にも山の心がある。
然るべき場所に、然るべき存在として、すべてのものが在ると言い切れるケリーさんに
憧れを感じた。

自分が大切にしたいものを知り、大切にしたいと言え、
大切にしたいと生きることができたらと思う人だった。

この映画を紹介した人には、別の出演者が心に響いたようだった。
その姿を見ても、一人ひとりが違う人間で、同じものを見ても、
その時の心境や感覚によって感じるものが違うことを改めて知り、
何が人生に影響するかなんて判断できないと思った次第。


地球交響曲 HP http://www.gaiasymphony.com/index.shtml
別窓 | filme | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| cena emocional | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。