スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
シルク・ド・ソレイユ『ドラリオン』
2007-05-14 Mon 01:22



かなり前になってしまいましたが
4月11日に念願のシルク・ド・ソレイユを観て来ました!
『ドラリオン』です。
いい席を取っていただいたので、ほとんど正面でした。

思ったよりアジア系の出演者が多くて驚きました。
印象に残ったのは構成です。
言葉が殆どないため、合間合間に道化師3人組みが登場し
緩急を生むことにより、演技に集中できる仕組みになっていました。
また演技自体も、少人数と大人数とがほぼ交互に行なわれ、
見ている側を飽きさせない工夫がされていると思いました。


フットジャグリング



トランポリン


空中ブランコ


布を使ったエアリアル

ジャグリング、ライトに乗ってのバレエ、大勢での縄跳び、
獅子舞、輪潜り等々、空、火、土、水をモチーフにした演技がどれも
素晴らしかったです。

私が印象に残ったのは、どの演技でもだんだんとハードルが高くなって
いくのですが、大技に挑む前に、演技者がふーっと息を吐き
ぎゅっと集中して臨む姿です。
きれいな衣装をつけ、顔は常に笑顔なのですが、そうした一瞬の
緊張感、真剣さが人間であることを感じさせました。

また、音楽も生演奏で歌も演奏もよくて、全体に深みが増していたように感じました。

体が道具といえるサーカスでは、本当にごまかしが効かないことが
改めて感じ、日ごろの鍛錬のすごさを感じずにはおれませんでした。
サーカスなんて随分と昔に行った記憶しかありませんが
その時、自分が何に感動したのかすら忘れていました。

人間の持つ力のすごさを感じさせてもらいましたー。
オススメです。

スポンサーサイト
別窓 | teatral | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「太陽の船」を観に行きました
2007-01-29 Mon 22:40

日本元気プロジェクト
KANSAI SUPER SHOW「太陽の船」


公式サイト:http://www.kansai-inc.co.jp/event/index.html

監督・総指揮 山本寛斎
主催 テレビ朝日/朝日新聞社/山本寛斎事務所
出演 松岡昌宏・上戸彩・アントニオ猪木・工藤夕貴
テーマソング 長渕 剛

ストーリー:
「ああしたい!」「こうしたい!」漠然と夢を追い求め、世界を旅する青年「カイト」。
夢を追いかけていく青年の旅は、彼の人生そのものでもある。
初めての挫折、運命的な出会い、立ち塞がる壁との闘い、そして芽生える熱い友情・・・。
人生という果てしない旅のなかで青年・カイトが確信したのは「夢を持つことの素晴らしさ」。
人間は夢を持ち、夢に向かって前へ進んでいくことで光り輝く。元気が生まれる。
そして、青年の夢は「夢を説くこと」になった。

「夢を持とう!前へ進もう、未知なる未来へ。」青年は、夢の船=太陽の船に飛び乗って、今再び旅立つ…


******
お知り合いからチケットをいただき、ドームまで行って来ました。
いやぁ~、寛斎さんのステージは初めて見ましたが、
一応予想はしていたんだけど、それ以上にすごかったです。

規模、人数、音、色、高さ、数。
どれもがボリュームがすごかった。

一応、ストーリーはあって、主人公カイトと寛斎さんが
重なっているようでしたが、
ほとんどセリフがないので物語としてはあまり成り立っていない感がありました。
オムニバス形式の様々なエンターテイメントを次々と観た。という感じ。

基本線はお祭だったので、太鼓あり、囃子あり、踊りありと賑やかでした。
あと、長渕さんのライブもすごかったですね。
歌はいい歌だったんだけど、音もすごいから歌詞が聞き取りにくくて
なかなか一緒に歌えず・・・。
テロップとかが出たらよかったのにな~。
でも「希望の光、俺達を強く抱きしめるのさ」という歌詞は好きです。
もう一つ残念だったのは、キャシー中島さんのハワイアンキルトが
どこで使われていたのか、公演中はさっぱり分からなかったこと。

という感じで、普段あまり弾けられない私としては(笑)、
あのノリにうまく乗るのが難しく、時折引き気味になりながら鑑賞しました。
他の来場者はどうだったんでしょう。元気になれたかな~?


難しいなー、エンターテインメントって。


別窓 | teatral | コメント:0 | トラックバック:2 | top↑
音楽座ミュージカル『リトル・プリンス』
2006-12-11 Mon 21:16



Rカンパニー公式サイト:

音楽座ミュージカル『リトルプリンス』

原作:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
脚本・演出/ワームホールプロジェクト
音楽・音楽監督/高田 浩
音楽/ 金子 浩介
美術/ 朝倉 摂
エグゼクティブプロデューサー&クリエイティブディレクター/相川レイ子

王子:野田久美子
飛行士:小林高鹿
花:秋本みな子
キツネ:吉田朋弘
蛇:森川次朗
黄色い花:井田安寿

ストーリー:
ある霧の深い夜、一人の飛行士が操縦する飛行機が砂漠の真ん中に墜落する。
飛行士はその砂漠で、星から来たという不思議な少年(星の王子さま)と出会うのだった。
羊の絵を描いてほしいとしつこく迫る王子に辟易する飛行士だったが、
スケッチブックに描いた「象を呑み込んだウワバミ」の絵を言い当てられたのをきっかけに、次第に心を開いていく。
王子は飛行士に、自分が住んでいた小さな星や、そこを出るきっかけになった花のことなどを話して聞かせる。
王子の体験を自分の人生に重ね、深く受け止めていく飛行士。
だが飛行機の修理は思うようにはかどらず、ついに飲み水がなくなってしまった。
渇きにあえぐ飛行士に、王子は井戸を探しにいこうと提案する・・。


感想:
予想よりも良かったですー!
原作が好きなだけに、どうかな~と思ってはいましたが、
本では感じきれない立体感を感じることが出来ました。
歌があることで、より広がりを感じた部分も多かったです。
ほかの役者さんが演じたらまた違った印象にもなるのでしょうし
もっと大きな箱でやったらもっとスケールが違ったかもしれないけど
それはまたのお楽しみということで。

舞台転換は、左右からのものはなくて
砂漠か、砂漠じゃないかという切り替えのみ。
それを巨大な布を使用して転換しておりました。
砂漠じゃないときのセットがジャングルジムみたいな格子状の
円舞台で、それがとても面白かったです。
格子状なので自在に人が行き来できるため、スムーズで、立体的で複雑で。
バオバブの木の表現の仕方は面白い!!と思いました。

王子様役の野田さんは今回がデビューだそうです。
小柄で明るく、表情もイキイキとしていて王子役に合っていると思いました。
前半はセリフや歌がちょっと伝わってこない感がありましたが
後半では歌も伸びやかになってよく響いていました。
歌は、花役の秋本さんが素晴らしかったです。
それと印象的だったのは、蛇役の森川さん。
ダンスで蛇の動きを表していたのですが、とてもお上手でした。

蛇は、昔から神聖なるものとして、またその反対として
神話や聖書などに出てくることが多いように思いますが
今回も王子の星と、地球をつなぐ役割を持っていました。

本と違うなと思った点は、
本のはじめで飛行士が説明のように語っているところは
王子と飛行士の会話で成り立っていること、
キツネと王子のお別れのシーンがしっかりと描かれていること、
飛行士が、王子と花の話に、自分と恋人を重ね合わせているのが分かることあたりでしょうか。

キツネとの出会いの場面は楽しく、別れの場面で「黄金の麦畑」という歌を歌うのですが、それが切なかったです。
ラストシーンは、王子が自分の星に帰るのですが、
そのときに飛行士に笑い声をプレゼントしていくんです。
これが本だと自分の想像でしか描けないんですが、
実際に姿がなくても王子の笑い声が響き渡ると、実際に会っていなくても
一緒にいるようなつながりをすごく感じることが出来ます。

王子が、自分の花と同じ沢山のバラの花をみても、地球ではそれは単なるバラでしかなかったのと
キツネが黄金色の麦畑をみて、王子の髪の毛の色と同じだと王子を思い出すのと、
飛行士がたくさんの星を見上げて、王子の笑い声が聞こえて嬉しくなるのは
みな同じことを表しているように思いました。
人生は出会いと別れであり、絆とつながりであり、それらは眼には見えないものたちであるということ。



あと、カーテンコールが豪華でしたねー。
挨拶の前に、一役一役の見せ場を作ってから一通り舞台に現れた後、
一人ひとりが挨拶に出てくるというパターンで
どの演目でもこうやっているとしたらすごいな~と思いました。

私が行った回は、助成金が出ていたので
S席でも安かったので有り難かったです。
思わず、復刻版のオリジナルソングラインナップCDを
買ってしまいました(笑)。

楽しくて、たくさん泣いた舞台でした☆


ミュージカル 星の王子さま ミュージカル 星の王子さま
宮崎あおい (2006/03/24)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


星の王子さま 星の王子さま
リチャード・カイリー (2004/08/27)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


「星の王子さま」サウンドストーリー 「星の王子さま」サウンドストーリー
川江美奈子 (2006/07/26)
ドリーミュージック
この商品の詳細を見る
別窓 | teatral | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ミュージカル「RENT」
2006-12-05 Tue 22:23
レント デラックス・コレクターズ・エディション レント デラックス・コレクターズ・エディション
ロザリオ・ドーソン (2006/10/04)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る



脚本 ジョナサン・ラーソン
キャスト
マーク:Jed Resnick
ロジャー:Gavin Reign
エンジェル:Joel Bermudez
ミミ:Arianda Fernandez

ストーリー
荒廃したビルのロフトに住むロジャーはソング・ライターを、
マークはビデオ・アーティストを目指しているが、
共に貧しくて家賃(レント)も払えない。
ロジャーはHIVで閉じこもったきり1曲も書けない。
マークも、ガールフレンドに捨てられる。
階下に住むクラブダンサーのミミは麻薬中毒でかつHIV。
ロジャーとめぐり合い、彼を励まし愛し合うようになる。
コリンズは、女装ゲイのエンジェルと恋仲。
ロジャーと喧嘩別れして、数ヶ月行方知れずになっていたミミは
道で倒れているのを見つけられ担ぎ込まれるが既に手遅れの状態。
ロジャーがやっと書き上げた最高のラブソングをミミに捧げると・・・。


友人に勧められ、映画を見に行って結構面白かったし感動したので、
来日公演と聞いて、早めにチケットを取って、11月21日の東京公演に行ってきました。

映画ではストーリーが画的によく説明されていたので
そのストーリーを頭に思い出しながら舞台を見たため
舞台転換がないながらも、内容は良く分かりました。
逆に、あの場面をこうやって演出するのねーとか思いながら。
照明の使い方がとても上手で、自然と場面転換がされて、
イメージもしやすかったです。

ただキャストが、映画ではオリジナルのメンバーが4人も出ていたこともあってか
とても印象的だったので、どうしてもそれと比べてしまう自分がいましたねー。
特にエンジェル。ちょっと残念でした。

テーマソングの「Season's of Love」はさすがに良かったです。
そういう聴かせる歌の時に、メインになって歌う黒人の女性のキャストが
いたのですが、彼女はそのときだけメインになるので
歌は非常に上手かったのですが、いまひとつ違和感が否めませんでした(苦笑)。

エンジェルが死んでしまう場面は圧巻でした。
ラストシーンはいまひとつかなぁ。オチを知ってた故かなぁ。

カーテンコールでは最後にSeason's of loveをちょっと歌ってくれて嬉しかったです。
でもその後に、バンドメンバーが演奏しはじめ、ライブのアンコールみたいになってしまい、Season's of Loveの余韻がなくなってしまったのでした・・・。
サービス精神旺盛なのか、目立ちたがり屋だったのか、勿体無かったな・・・。

インパクトは映画の方がありますが
歌を聴くならやっぱり舞台でしょうか。
キャストにもよると思います。

オフィシャルサイト:http://www.rent2006.com/index.htm
別窓 | teatral | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
『レ・ミゼラブル』制作発表
2006-11-13 Mon 23:06


レ・ミゼラブル2007東宝公式サイトより

噂でレミゼがまた来年上演されると聞いて、
昨日いろいろと見ていたら、yayaさんのページで今日が制作発表だと知り、
とってもワクワク!して、公演スケジュールやキャストを見てしまいました。

というのは来年の上演は、20周年記念特別キャストがいるんです。
鹿賀さん、岩崎さん、島田さん、岡さんなどなど。

上演が夏なので、いつ行けるかまだ微妙ですが
やっぱり観にいきたい!!
きっと特別キャストが出演する回はすぐに売り切れてしまうので
公演スケジュールを見て考えようと思います!

ぜひとも島田さんのエポニーヌを観てみたいですー(>_<)。

東宝の公式サイト:http://www.toho.co.jp/stage/lesmis/top.html

別窓 | teatral | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
地球ゴージャス『クラウディア』
2006-06-26 Mon 04:34


企画ユニット地球ゴージャスプロデュース公演Vol.7
「クラウディア」


作:岸谷五朗
演出:岸谷五朗 寺脇康文
主題歌:「FRIENDS」 サザンオールスターズ
衣裳デザイン: 山本寛斎

毘子蔵:岸谷五朗
細亜羅:寺脇康文
クラウディア:本田美奈子.
神親殿:YU-KI
龍の子:風間俊介
ヤン:平沢智
おりえ:三咲レア

WOWOW 04/8/28(土)15:30 ~ O.AをDVDにて鑑賞。

ストーリー
DNA、人間のおろかさ、そして平和
人類崩壊後の未来社会、
その世界は愛が抹消され人々は戦いに明け暮れていた。
戦いを繰り返す二つの国に生きる男と女、細亜羅とクラウディアは
許されないと知りつつ、お互いに惹かれあっていく。
クラウディアが成人を迎える日、二人の犯した禁じられた愛に
眠れる龍が目を覚まし、人類は破壊への狂想曲を奏で始める・・・



人に勧められて、地球ゴージャスの「クラウディア」を見ました。

観るにあたってのマイナス条件としては、
実際に会場に居て観劇したわけではないので、感動の度合いについて、
岸谷さんも言ってたようにどうしたって無理があるということ。
プラス条件としては、
カメラが様々な角度から撮ってくれたために、
観劇では見えない細かい表情や、複数人同時に見ることができる点。



本田美奈子.さんの舞台を観たのは残念ながらこれが初めてで、
この人の生の舞台を一度でもいいから観ておくべきだったと思いました。
本当に歌がうまいと思いました。
また途中途中のトーンが深いセリフを言う場面は存在感が大きかった。

存在感といえば、YU-KIさんも良かったです。
彼女の歌声もまた、美奈子.さんとは別の存在感がありました。
ほかの方の感想にはあまり彼女の感想が見当たらなかったのですが
それは、おそらくずっと宙に浮いて、何も動かないという役柄も影響してると思いました。
映像ではずっとアップで写してくれたので、
ほとんど動作のないことが違和感なく感じることが出来ました。
美奈子.さんのような透明感のある声ではなく、男性に近い、低いところも響くような
重層感のある歌声はよかったです。

岸谷さんと寺脇さんは、どちらもよい役でした。
お二人のコント場面は、きっとゴージャスならではのものなのだと思いますが
面白い箇所はとても面白いのですが、
そこで入れなくてもいいのでは。。。と思う場面もあり、
ちょっともったいないと思いました。
もしくは二人が幼馴染なら、それゆえの友情をコントだけでなく、もっと挟んでもよかったかも。

地球ゴージャス『クラウディア』の続きを読む
別窓 | teatral | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
RENT JAPANツアー!!
2006-06-10 Sat 04:47


「RENT」のJapanツアーがあることを
偶然知りました!!

チケット取りました!!!

公式ページはコチラ→ http://www.rent2006.com/

11月なら、きっと行けるハズ・・(>_<)

楽しみ~~~。
仕事が残業になりませんように・・・・。
別窓 | teatral | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| cena emocional | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。