スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ぐるりのこと』
2008-10-18 Sat 23:18
gururinokoto

ぐるりのこと。
オフィシャルサイト: http://www.gururinokoto.jp/index.html
監督・原作・脚本・編集 橋口亮輔
キャスト: 木村多江、リリー・フランキー
      倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明


2度観ましたー!
一度目は一人で行って超感動、
なもんで、二度目は大切な人と行きたくなって行きました。


こう在りたいな、人間ってステキ。と思う夫婦のひとつ(一組?)でした。
夫婦だからこその絆、のようなものを感じた作品でした。
きれいなとか、美しいというのではなく、
人間くさくて、汚いところも、暗いところも、人には見せたくないところもあって
それが本当なんだろうなと思いました。

木村さん演じる翔子と、自分が重なるところが多く、
彼女の中にある「ちゃんとしなくちゃ、ちゃんとするの」という思いと
それゆえに心のバランスを失ってゆきながらも、
自分ひとりで何とかしようともがき、でもどうにもできなくなって
旦那さんのカナオに、ぶちまけざるをえない件は、2度ともすごく泣きました。

私は、自分が大事な人の前で(それは男女関係なく)
自分から自分を開くことができない、というのがテーマのひとつなので、
極端にいうと、翔子が自分の代わりに出してくれているように思えて
とても癒されるというか、救われるような気持ちになるのです。

また、その翔子に驚くでもなく、軽蔑するわけでもなく、怒るのでもなく、
諭すのでもないカナオの、受け止め方にも、また癒され。
彼は彼で、お父さんの自殺という痛みを抱え、どこかでそれを責め、諦め、
人に対する諦め感も抱いているのかなと思いました。
だけど、法廷画家をする中で、多くの様々な痛みを抱える人々を観て、
描きながら、ただ受け止めることを積み重ねてきたカナオだから、
翔子のことも見守り、受け止めることができたのではなかろうかと思いました。
この場面で、初めてカナオはたくさん翔子に語りかけます。
「オレがそういう話、ニガテなのしってるやんか」
「泣いたらいい人なんかなぁ」といいながらも、
「スキだから、一緒にいてほしいと思ってる。お前にいなくなられたら困るし。
お前はいろんなこと、気にしすぎる。みんなに嫌われてもいい。
好きな人にたくさん好きになってもらえたら、そっちのほうがずっといいよ。」
と言葉にして伝えます。
カナオにとっても、翔子はとても大切な存在なんだなと思いました。
翔子は、きっと初めてそのことを実感したんだと思います。

この嵐の夜の魂のぶつかりあいのようなシーンから
二人の絆がだんだんと深まっていきます。
向き合っていた二人から、横並びになったような感じ。

翔子は子どもの存在を受け入れられるようになって、天井画を引き受ける。
カナオはそれをそっと支えながら、翔子だけをみていくようになる。
翔子のお父さんのお見舞いに行った後のシーンでは
カナオの中でも、自分の父に対する思いに変化があったんだなと感じました。

天井画をみながら、手をそっとつないで、そして足をばたばたと
ぶつけあうシーンは、本当にこちらまで幸せな気持ちになりました。

ほかの方のレビューの中に、
最初は二人の「足」にまつわるシーン、そして最後は天井画になる。
地から天へ向かう浄化の物語、と書いてありましたが、
本当にそうだなあと思いました。


人との絆は、切れない。
と私も言葉では何度も思いますが、本当に実感できているかといえば
それはなんともいえません。
そう思えるときもあるけれど、何かあったら、すぐに覆るからです。
信じたいけど、信じてると言いきれない。信じたいという願望。
でもそれは、私が自分や人に対して、きれいごとだけで済ませようとしているから。
ドロドロとしたところ、みたくないもの、みせたくないもの、みないでほしいもの
ひっくるめることが出来るようになったら、いつか。
見せられないうちは、いつまで経っても・・・。なんだろうな。



DVDが出たら、きっと買っちゃう気がします。
オススメです。
スポンサーサイト
別窓 | filme | コメント:8 | トラックバック:8 | top↑
<<小田和正さん『今日もどこかで』 | cena emocional | 大人の方にオススメ!!「パセリ伝説」>>
ごろん
TBありがとう。
ふたりが天井画をみながらごろんと並んで横になって、足を悪戯っぽく交じり合わせるところが、とってもよかったなあ、と思いました。
2008-10-19 Sun 02:30 | URL | kimion20002000 #fOhGkyB.[ 内容変更] | top↑
はじめまして
こんにちは、よく拝見しております。これからも遊びにきます。
2008-10-24 Fri 14:04 | URL | hana #-[ 内容変更] | top↑
> kimion20002000さんへ
コメント、ありがとうございます!
お返事遅くなってすみません。

>ふたりが天井画をみながらごろんと並んで横になって、足を悪戯っぽく交じり合わせるところが、とってもよかったなあ、と思いました。

ホント、この場面も好きな場面の一つです。
カナオがそーっと翔子の手をにぎる、というのが
先にあるから、余計にいいなと思います。
しかも翔子からじゃなく、カナオからなのがいいのです。
あの場面にも、二人の絆の深まり具合が
とても心地よく表れているなあと思います。

また遊びにきてくださいね☆
2008-10-25 Sat 00:28 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
> hanaさんへ
コメント、ありがとうございます。

めったに更新していないこんなBlogをご覧いただき
恐縮です(>_<)

本当はもっと、いろんなものを見て感じ、
それを言葉にするということをしていきたいのですけれど・・・。

そんなわたくしですが、もしよかったら、また遊びにいらしてくださいね☆
2008-10-25 Sat 00:30 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
はじめまして
はじめまして。以前、レ・ミゼラブルで検索して、ameixaさんのこちらのブログ発見して、ひそかにブックマークしてました。
わたしは ぐるりのこと。見てないんですが、ameixaさんのレビューを拝見して、

>「スキだから、一緒にいてほしいと思ってる。お前にいなくなられたら困るし。
お前はいろんなこと、気にしすぎる。みんなに嫌われてもいい。
好きな人にたくさん好きになってもらえたら、そっちのほうがずっといいよ。」

という台詞、言葉とってもいいなぁと、思いました。
そして前にそう思ってそう人に伝えたことを思い出しました。
>みんなに好かれなくても、好きな人に好かれているって感じられることが大切

って、自分がそんなこと思って、そんなことを言ったことあったんだ、って。
好きな人のことを好きって思って、好かれるってやっぱり幸せだなー、そういう思いを真ん中にどんと持って生きる人になりたいと思います。
映画自体を見ていないので、映画についての感想って言えないんですけど、過去の記事とかも読ませていただいてameixaさんの文章、感性、とか、いいなーって思ってます。
2008-10-26 Sun 02:16 | URL | kohanana #z87Z0xNk[ 内容変更] | top↑
> kohananaさんへ
kohananaさん、初めまして!
コメント、どうもありがとうございました~。
まぁ・・・、レミゼの記事の頃からなんて・・・。ずいぶんと昔から・・・。
ブログの記事の時のレミゼは、初回だったこともあってか超感動したのですが、
翌年、再観劇したときは、バルジャンが別の役者さんだったからか、
正直、初回ほどの感動ではなかったんですよ・・・。
ということを、二度目に一緒に観にいった人に話したら
「それはameixaが、観る側から、創る側へと視点が変わったからだと思う」と言われました。
なので、kohananaさんが、私の書いたものをいいなと感じてくださったことは
とてもありがたくも、とても恐縮してしまいます・・・。

kohananaさんが書いてくださった、
「みんなに好かれなくても、好きな人に好かれているって感じられることが大切」
って、ほんとにそうだなと思いつつも、なかなか難しいですよね~。
人と人の絆って、目には見えないから、
どうしても確認したくなってしまうものの一つだと思うのです。
でもきっと、確認なんて必要ないとか、
相手がどう思っていようと私は好き、という気持ちになったとき、
kohananaさんが書いたような状態になれるんだろうなって思います。

もっと、いろんなものに触れていく機会をもっていきたいなーと思います。
kohananaさんはblog書いてらっしゃらないのでしょうか。
だとしたら残念・・・。

またお越しくださいね☆
2008-10-27 Mon 22:40 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
ameixaさん、返信ありがとうございました。
レ・ミゼラブルの記事は、今年の春ぐらいに、ミュージカルの感想を、見てまわっているうちに、ameixaさんのブログを発見して、ああいいなーと。
同じものをみても、感想や感情が変わるのは自然だと思いますし、レミゼラブルのことを熱く語りたい!という目的はないので、気にされないで下さいね。

過去の記事のことを持ち出してしまったので、いまは同じことを思ってるわけでないことを恐縮させてしまって、こちらこそ申し訳なかったかな、、とも思いますが、
あの時書かれたレビューを読ませていただいて、そのレビューの文章力、感受性が好きだなぁ、と思ったことは本当です^^


>でもきっと、確認なんて必要ないとか、
相手がどう思っていようと私は好き、という気持ちになったとき、
kohananaさんが書いたような状態になれるんだろうなって思います。

いやぁ、難しいですよね。。
その時は、好きな人に好きって思われてる状態を 私は保つことができる!って根拠もなく思えてたから言えたかなぁと。。

>相手がどう思っていようと私は好き

こう思えたらそれは愛ですね。
むずい。。

ブログは、コメントの入れようのないようなことばかり書いてるんですけど、よろしかったら。。
2008-10-28 Tue 04:06 | URL | kohanana #z87Z0xNk[ 内容変更] | top↑
> kohananaさんへ
kohananaさん
お返事遅れてごめんなさい。
基本、あまり自分のBlog、チェックしたり更新したりしないもんで(笑)。


>こう思えたらそれは愛ですね。

ほんと、それは愛ですね!
しかし・・・(@_@;)
そう生きてる人は、きっとそう意識したりもしないのかもしれませんね。

人との絆、これが切れないことを信じたいと
私はどこかで求めて続けているように思います。
2008-11-06 Thu 03:46 | URL | ameixa #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
 『めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。』  コチラの「ぐるりのこと。」は、6/7に公開された「ハッシュ!」の橋口亮輔監督の6年ぶりの復活作となるヒューマン・ドラマです。なかなか評判がよさげだったのですが、評判に違わずいい作品... …
2008-10-18 Sat 23:31 ☆彡映画鑑賞日記☆彡
リリー・フランキーさんに芝居なんて出来るの?と思いつつけっこう楽しみにしていた映画です。早く観たいと思いつつチネチッタでの公開日をずっと待っていました。数々のヒットドラマで脇役ながらも重要な役どころを演じることが多かった木村多江さんの初主演も楽しみな作... …
2008-10-18 Sat 23:38 カノンな日々
◆プチレビュー◆個人と社会の両方が壊れていく時代の中、決して離れない一組の夫婦。丁寧な人間描写が光る。 【90点】  画家のカナオは定職さえないがのんびりした性格。一方、妻で出版社勤めの翔子は几帳面なしっかり者だ。対照的な二人は、それでも幸せに暮らして …
「ぐるりのこと。」試写会 ニッショーホールで鑑賞 「ぐるり」って人の名前かと思っていたのですが、身の回り360度(?)のことだそうです。 橋口亮輔監督のオリジナル脚本の完全なオリジナル作品です。 最近原作あるもの多いですから、なんだか新鮮ですね。 橋... …
2008-10-19 Sun 00:46 てんびんthe LIFE
 法廷画家で甲斐性のないカナオ(リリー・フランキー)と、小さな出版社に勤める しっかり者の翔子(木村多江)。学生時代からの腐れ縁の... …
2008-10-19 Sun 01:43 真紅のthinkingdays
前作『ハッシュ!』が国内外で絶賛された橋口亮輔監督が、6年ぶりにオリジナル脚本に挑んだ人間ドラマ。1990年代から今世紀初頭に起きたさまざまな社会的事件を背景に、困難に直面しながらも一緒に乗り越えてゆく夫婦の10年に渡る軌跡を描く。主演は『怪談』の木村多江と …
2008-10-19 Sun 02:27 サーカスな日々
映画館にて「ぐるりのこと。」 橋口亮輔監督の6年ぶりのオリジナル脚本作品。 おはなし:1993年。零細出版社に勤める妻・翔子(木村多江)と、靴修理店でアルバイトする夫・カナオ(リリー・フランキー)。日本画家になる夢を捨てきれないカナオは、あるとき法廷画家の …
2008-10-19 Sun 06:58 ミチの雑記帳
□作品オフィシャルサイト 「ぐるりのこと。」□監督・原作・脚本・編集 橋口亮輔 □キャスト 木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明■鑑賞日 6月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満 …
2009-10-11 Sun 13:47 京の昼寝~♪
| cena emocional |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。